竜星のぼちぼち備忘録。

主に竜星の大会レポ・解説・デッキ紹介載せます。

【デッキ紹介・大会レポ】2017/4/1 2期店舗代表

皆さん初めまして。walp(ヴァルプ)と申します。

以前は別のデッキ投稿サイトでレシピ等投稿しておりましたが、この度ブログを開設しました!

今後はこちらで活動していきます!宜しくお願いします(*´ω`*)

 

それでは初投稿ですが、昨日参加した2期店舗代表選のレポとデッキ紹介を行います。

 【デッキレシピ】

こちらが今回使用したデッキ【恐竜竜星】になります。

○メイン

f:id:walp:20170402110008j:plain

○サイド・エクストラ

f:id:walp:20170402110019j:plain

メタルフォーゼとボウテンコウ。九支が登場して以来大会にもちょくちょく顔を出すようになった竜星。その竜星の派生型が今回の【恐竜竜星】です。

これまで大会に出現していた竜星デッキとしては、以下のような変遷を辿ります。

 

①メタル竜星→②SRメタル竜星→③SRDD竜星、③'SR十二獣竜星→④真竜皇竜星

 

①②は完全な先攻制圧型、③は先攻ボウテンコウを立てバックを4枚構える型でした。

③'はDDの代わりに十二獣が入り、ベイゴマセットをボウテンコウ・インヴォーカーで共有する制圧・捲り性能を兼ね揃えた両刀型でした。

そしてベイゴマが規制された後は④が登場します。VFDとボウテンコウ九支で妨害し、真竜皇の打点で制圧する型です。

ですが、④の時期になると、十二獣一色環境になり、安定度でどうしても負けてしまっていました。

 

前置きが長くなりましたが、今回の【恐竜竜星】は構造としては③を受け継ぎつつ④のような打点も確保した先攻型のデッキとなっております。

 

 【デッキ解説】

デッキのコンセプトは、「手札1枚でボウテンコウ九支を構える」です。 

ここは【SRDD竜星】に通ずるところがあります。

 

○手札:化石調査orオヴィラプター

①(化石調査ef→オヴィラプターサーチ)→②オヴィns、efミセラサーチ

③ミセラ耐性ef→④墓地のミセラ1体のみ除外してef、デッキからアウロss

⑤→オヴィとアウロでS召喚、ボウテンコウss

⑥ボウテンコウef、九支サーチ→⑦コストでデッキからリフン落としてボウテンコウef、レベル1に変更

結果:場ボウテンコウ九支、墓地リフン

 

これが基本の動きです。化石調査・オヴィは合計6枚入っています。

仮に引けなくても、ミセラとレベル4で同じことができます。

 

メインカード採用理由

大方のものは検討がつくと思いますので、気になるであろう部分だけ紹介します。 

 

ミセラ枚数

単純に初動でのボウテンコウアクセス期待値を高めるためです。

手札1枚とは言いませんが、ミセラとレベル4でボウテンが立つならフル投入すべきですからね。メインギミックにしっくり馴染むし、邪魔をしない、何よりDDギミックよりも打点が高い!

というわけでミセラは3枚必須でした。

 

アウロ枚数

 アウロは1枚の構築も見かけますが、次の理由により2枚になりました(財布ポイントは知らねぇ)。

①素引きした時の絶望②ボウテン使用後のミセラの使い道

①は言わずもがなですが、②がちょいちょい起こります。

究極伝導が本デッキ最大の打点であり制圧モンスターなので、このカードがなくなると実質【真竜】に対して勝ち筋が大幅に減ることになります。そのためにミセラで守るということもあり3枚積んでますが、それだけでは勿体ない!かといって卵モンスター入れても出したい恐竜がいないため、あまり旨味がない…ということでアウロは2枚になりました。手札で腐ったらサイドのツイツイや究極伝導で処理します。

 

スカル・マイスター?

この人、ちょくちょくサイドにいらっしゃる方。私はうららよりもスカルマイスターさんを優先しました。

①打点1700②レベル4③墓地で発動する効果は問答無用で無効(ターン1?知らんなぁ)

①は単純にいいですね。②はミセラとのボウテンコウルート、③は【真竜】【Kozmo】【恐竜】全てに役割が持てます。

とにかくボウテンコウを立てなければならない竜星では、うららよりもこちらを優先したいのです。採用理由は②>>③>>>①ですね。それぐらいレベル4で手札誘発というのは優秀です。

 

真竜対策

「生贄封じの仮面」「方舟の選別」。…おや?

仮面はわかるとしても方舟は…(。´・ω・)?

竜星って幻竜族ですよね。真竜ってげry

ライフコストはありますが、マスP含む相手のカード3枚を削れるのは優秀です。

(マスPとリリース分2枚)

その分こちらもリリースした真竜魔法罠で削られちゃいますが、一度は九支撃ってるはずなので、相手のリソースは4枚ぐらいなくなります。

返しで再度ボウテンコウ立てて返すので、ジリ貧でこちらに有利となります。

まあ枠取り、真竜以外にほぼ役割ないのでピンですがね…

 

【大会レポ】

[一戦目vsブラマジ] ○○

一本目は基本の動きで制圧して勝ち。

二本目は手札抹殺撃たれて竜星全て引き込み(;´・ω・)

お相手の手札も悪かったようでなかなかブラマジ出てこなかったので恐竜で殴って勝ち。

[二戦目vs真竜メタルKozmo] ○○

一本目は手札事故。基本の動きはできたがバック削られてジリ貧状態。

なんとか竜星リクルで耐え。輝跡ドローでオヴィ引き込み究極伝導で返し。

二本目は後攻。サイドから手札誘発投入してスケールメタルefにうさぎ当てるもγされ、とりあえず増G投げて、γss、Ωシンクロ分で2ドロー。

返しで化石調査からオヴィ呼んで基本の動きして、なんやかんやでエンド(記憶が…)

数ターンかかって、自分場が究極伝導、シュンゲイ、相手場が裏Ω状態でΩをクモグスにした時点で相手サレ。

結果:2-0-0で優勝でした。

 

【総評】

今回はメインギミックのスタミナと究極伝導、エクストラのボウテン3積み、そしてサイドのツイツイに助けられた感ありました。

割と自分なりに回していて楽しい構築でした!

今回は以上です。またぼちぼち投稿していきまーす(*'▽')

 

アンケート実施中!!

 

 

ブログランキング参加しています。( `・∀・´)ノヨロシク