竜星のぼちぼち備忘録。

主に竜星の大会レポ・解説・デッキ紹介載せます。

【大会レポ】2017/4/9 公認大会

どうも皆さん。walpです。

本日公認大会に参加してきたので忘れないうちにレポをば。

 

 【かるいデッキ紹介】

本日も使用は【恐竜竜星】でした。

 

モンスター

前回の構築から少し変わり、手札誘発が6枚になりました。

うさぎ×3、マイスター×2→うさぎ×3、うらら×2、マイスター×1

新たにうららをメイン投入し、マイスターを1枚サイドへ回しました。

というのも、【WW真竜】のクリスタルウィングに対する解答がメインデッキではドゴラン、警告しかなくうららを入れざるを得ませんでした。

(今回はWW真竜と当たらなかったんですけどね笑)

マイスターにはサイドから飛んできてもらって、3戦目の2試合目でボウテンコウになってくれましたのできちんと仕事しました(チガ)。

ちなみに、来週からはリンクが本格始動するので手札誘発は再考の余地ありです。

 

魔法

バック除去を増やしました。いや、増やしたというよりはマルチで対応しやすくした、と説明すべきでしょうね。

羽根×1、コズサイ×2→コズサイ3

速攻魔法はやはり強いです。先攻だろうが後攻だろうが使えるので便利でした。

もちろんサイドには羽根あります。

 

前回は【真竜】カテゴリをメインから見るために、方舟・仮面・神宣を積んでいたのですが、今回は蘇生罠多めにしました。また、手札誘発を1枚増やしたことと、メインデッキ枚数を40に絞ったことで罠の枠が気持ち減りました。

方舟×1、仮面×1、神宣×1幻泉×3

色々考えましたが、蘇生罠ってだけで強かったです。永続というのがコズサイや真竜魔法の的になりますが、九支から対象を逸らせるのでなんだかんだ使い勝手(?)よかったです。

 

【大会レポ】

[一戦目 不戦勝] 

大会参加者が7人だったからですね。。。

 

[二戦目vs列車ドール] ○○

一本目はジャンケン負けからの相手先攻。ライオウ立てエンドされて「…あ、はい(…!?)」状態。手札が化石調査、オヴィ、アウロ、幻泉とかだったので解答なし。

返しのターンにとりあえず幻泉・アウロセットエンド。

2ターン目、ライオウでアウロ殴られて墓地へ。そのままエンド。

返しのターンとりあえず幻泉でアウロ、オヴィ召喚でシンクロボウテンコウ立て。通しだったのでそのままコストリフンエンド。

という感じでなんやかんやお互い低速(ライオウのせいでお相手も転回操車使えない)のまま、手札だけが増えという状態で、なんとかショウフクまでつなげて相手の場を空にして勝利。

 

二本目はまたもライオウ立てられ、一度除去するもリビデライオウされなかなか厳しい状況。しかしこちらのコズサイと手札誘発のうさぎ、うららが強すぎて相手にドーラ出させずビートして勝ちました。

 

[三戦目vs恐竜真竜皇] ○○

一本目、完全に内容忘れました(´・ω・`)

二本目、こちら後攻ほぼ確だったので後攻用サイチェン、手札が増G、マイスター、うさぎ、アウロ他。というすごい十二獣を彷彿させる手札だったので、相手のベビケラにG撃ってラギア立てられ計2枚ドロー。

7枚スタートでドゴラン素引きしたのでラギアと入れ替え。ボウテンコウルート入ってターン返し。

またドラDから展開されるのでG撃って、手札補充。というのを繰り返し、でした。

最終的には相手の場に究極伝導が立ったのですが、効果に合わせて九支当てて、ミセラ効果にはマイスター当てて、ビートして勝ちでした。

 

結果:3-0-0で優勝でした。

※次から詳細内容まで覚えておくようにします(*'▽')

 

【総評】

今回はメインの幻泉、究極伝導が強いと感じた日でした。また、サイチェン後攻仕様の手札誘発10枚体制が鬼でした。増Gからの壊獣引きこみが特に光りました。

MVPはデッキを圧縮したあとの輝跡2ドローでのガメドローです。

(vs恐竜真竜皇二本目終盤にて引いたのですが、詳細な状況覚えていないので割愛です)

 

 

以上です。

次回はちゃんと竜星におけるモンスターの採用説明投稿します(*'▽')

 

アンケート実施中!!

 

 

 

 

 

ブログランキング参加しています。( `・∀・´)ノヨロシク