竜星のぼちぼち備忘録。

主に竜星の大会レポ・解説・デッキ紹介載せます。

【デッキ紹介・考察】純型竜星~初心大事~

どうも皆さん。walpです。 

今回は原点回帰ということで、【純竜星】のご紹介です。

初心に返り、カテゴリミックスなしの純型竜星を構築しました。

 【デッキレシピ】

メイン

f:id:walp:20170612224410j:plain

※エクストラは今回は割愛です。お好みの竜星を入れてあげてください。

 

御覧の通り、モンスターは竜星と手札誘発、そしてバルブというささやかなスパイスで仕上げました。

魔法は汎用と蘇生系、チューナー呼び出し用のおろ埋・ワンフォーワンを採用です。

罠はほぼ竜星ベースに蘇生系、神罠突っ込んだ形です。

 

竜星罠紹介

 こいつらが割と暴力的です。

 

<竜星の凶暴化>

f:id:walp:20170612230930j:plain

ダメステのみ発動可の通常罠と、条件は限定されますが、効果はかなり優秀。竜星の攻守を倍にし、ダメステ終了時に破壊するというもの。相手のカウンターを狙いながらかつリクルートができます。ダメステ中ですので、相手に妨害されることはありません。

シュンゲイに使うと打点3800という化け物になります。やばし。

 

<竜星の具象化>

f:id:walp:20170514234300j:plain

すでにご存じでしょうが、自軍のモンスがやられたらデッキから竜星をリクルートするカードです。

どんなモンスターが破壊されても竜星をリクルできるのはかなり強いです。

ショウフクやガイザーの効果や、凶暴化・九支の破壊をトリガーとして発動することも可能です。基本は竜星モンスと具象化で何かしらシンクロできます。

 

<竜星の九支>

f:id:walp:20170410232225j:plain

説明不要なので割愛。ただただ強いですが、ボウテンコウ以外の竜星モンスを破壊するときには注意。チェーン3以降でこいつを使うと、竜星はタイミングを逃しちゃいます。基本は相手の発動(チェーン1)に直接チェーンしましょう。

 

 

【考察】

もちろん、ボウテンコウは出しますが、依存はしません。

ボ「!?」

f:id:walp:20170405232805j:plain

確かにボウテンコウを出せばアドは取れますが、それをベースに戦わずとも中堅レベルの力はありますので。

割と3100ガイザーとか、3300チョウホウとか強いんですよ笑

 

竜星の目玉はなんといっても共通効果のリクルート。単純な1:1交換ですので、やられても後続が湧きます。墓地にリフンがいればアドが取れる仕組みです。

戦闘だけでなく、破壊にも対応しているところがいいですね。 そのせいでメタルに悪用されたり恐竜に悪用されたりですが苦笑

純型の場合、速度は落ちますが安定して後続を確保できます。【恐竜竜星】では☆1・☆4の組み合わせでしかボウテンコウを出せませんが、純型では次のような組み合わせが可能です。

・ジョクト(☆2)+ヘイカン(☆3)

・緊テレうさぎ(☆3)+ビシキ(☆2)

 

地味ですが、色々なレベルが揃えれられることはとても大切です。ある程度事故っていても手札誘発とビシキでとりあえず後続を確保できます。

 

また、相手ターンのシンクロも竜星の強みです。相手のメインorバトルフェイズという緩い条件でシンクロを行えます。素材は竜星モンスター限定ですが、純型ではほぼ関係ありません。相手ターンでのその場しのぎ具象化からのシンクロムーブがとにかく気持ちよいです。

注意事項さえしっかり押さえておけば、竜星は可能性の塊だと思えるようになります。

 

【総評】

今回は【純竜星】の紹介でした。具体的な動きは載せませんでしたが、これまでの竜星記事であらかた書いてきましたので、そんなに載せることはありません笑

取り立てるならば、やはり相手の不意をつく相手ターンシンクロ、ふとカウンターを食らう<竜星の凶暴化>でしょうね。相手は九支ばかりを警戒していたら、謎の打点upで屠られる、なんてことになっちゃいます。

<竜星の極み>も採用してみたくはありますが、それはまたの機会ですね。

やはり、竜星ユーザーとしては各種竜星で戦えることが、使っていてとても楽しいです。【恐竜竜星】のような、強さを求めた楽しさとは別の楽しさがあります。

皆さんも純型を試してみてはいかがでしょうか?(*'▽')

 

次回はトリックスターでも投稿しましょうかね。

それではしばし待たれよ|д゚)

 

 

 

ブログランキング参加しています。クリックを…( `・∀・´)ノヨロシク