竜星のぼちぼち備忘録。

主に竜星の大会レポ・解説・デッキ紹介載せます。

【考察】トリックスターの取り扱い説明書

どうも皆さん。walpです。 

長らくお待たせしました。

今回は、トリックスターに関する記事です。

と言ってもですね、もう巷ではトリックスターの構築なんか知れ渡っているのでレシピは投稿しません。WWも強いですが、どう転んでも純型が強いですから。

では何を書くのか。

トリックスターの強みと弱みって何よ?」

リンカネだけではないんですよ?少し趣向を変えて見ていきましょう!

 

【回し方】

<その1>

f:id:walp:20170728223202j:plain

f:id:walp:20170728223200j:plain

f:id:walp:20170728224332j:plain

キャンディナかライトステージ、テラフォさえあれば回ります。少なくとも後続を確保できますね。

手札にキャンディナorライトステージorテラフォ一枚のみの場合、最低限マンジュシカを持ってくることを念頭に入れて動けば大丈夫です。

マンジュさえいればキャンディナを戻して後続サーチにつなげることができますし、ドローバーンを与えれるので。

マンジュがない状態でのキャンディナにヴェーラー・うららは腹パン

 

手札:キャンディナ+ライトステージ

①キャンディナns、efリンカネサーチ

②ライトステージef、発動処理でマンジュサーチ

③マンジュef対象キャンディナ、マンジュssしてキャンディナ手札

手札二枚のときは基本この動きをしていきます。

少なくとも先攻でこの動きであれば、400バーン入れながら次ターンは後続サーチ可能。リンカネ打てば追加で1400バーン入ります。1800も削れますね!

ただ、リンカネのタイミングは早まってはいけません。これに関しては後ほど触れます。

 

<その2>

f:id:walp:20170728223322j:plain

 忘れてはいけないのがピンク髪のリリーベル

ダイレクトアタックとか地味だろ?そんなことない。ステージがあれば1000ダメージでテラナイトのシャムにも劣らないのだ!

しかも戦闘ダメージ与えたら墓地のトリックスターモンス回収だし。

よくやるパターンが次の2つ。

 

手札:キャンディナ+墓地マンジュ

①キャンディナns、リリーベルサーチ、リリーベルef、ss

②バトル、リリーベルパンチ、ef墓地のマンジュ回収、キャンディナパンチ

③マンジュef対象キャンディナ、マンジュssしてキャンディナ手札、マンジュパンチ

これで総計4200、ステージがあれば4800削れて馬鹿にならないダメージになります。

 

手札:リリーベル+墓地マンジュ

①リリーベルns、バトル、リリーベルパンチef、墓地のマンジュ回収

②マンジュef対象リリーベル、マンジュssしてリリーベル手札、リリーベルef、ss

③リリーベルパンチ(墓地のトリックスターモンス回収)、マンジュパンチ

これで総計3200、ステージがあれば3800のダメージです。

このパターンでは墓地のトリックスターを2度回収できるところがポイントです。

 

<その3>

トリックスターと言えばやはりこの呪文。

「リンカネ処理後リンカネドロバ」

f:id:walp:20170728223144p:plain

f:id:walp:20170728223204j:plain

これに関しては力としか言いようがありません。

サーチ可能なパーツを利用したハンデスコンボなのですから。

これが決まればあなたは勝ちを確信し、相手は負けを受け入れます。

一応このコンボの解説をしておきます。

ドロバの効果は次の通り。

「①:相手がドローフェイズ以外でデッキからカードを手札に加えた場合、このカードを手札から墓地へ送って発動することができる。
このターン、お互いにデッキからカードを手札に加える事はできない。この効果は相手ターンでも発動することができる。」

したがって、

①リンカネ発動、相手は手札を除外しその枚数分デッキからドロー

②その処理後、再度リンカネを発動、チェーン2でドロバ発動(このタイミングは相手のドロー処理が終わったタイミングでもあるためドロバも発動可能)

③ドロバから処理(この後お互いにデッキからカードを加えれない)、リンカネで手札除外、しかしドロー処理はドロバにより行われない。

ハンデス完成(*´ω`)

 

まあ、鬼畜としか言えないんですよ。

 

【強み】

ここまでトリックスターの回し方を簡単に見てきました。回し方といっても初動+コンボみたいなものでしたが笑

ここからは【強み】を書いていきます。

<サーチの塊。>

f:id:walp:20170728223208j:plain

ライトステージ、キャンディナを筆頭にサーチの塊のようなトリックスター。テラフォも使えることから、実質初動札はデッキに8枚入っているようなものです。

期待値から見ると、40枚デッキであれば初手で確実に1枚は握っている計算ですね。

サーチだけでなく、マンジュシカの入れ替え効果やリリーベルの墓地回収効果もリソースを切らさず、安定性を高めてくれます。一番おかしいのは、リンカネに二つも効果があることですけどね、しかも落ちたターンに使える蘇生。これによりリンクも行いやすいです。最近はスケゴも入っていますが、元がリンクデッキだけあって相性がいいので枠があれば入れてみるとよいでしょう。

 

<光属性統一は罪だ。>

戦闘ダメージ与えたらバーンできるデッキのモンスターが、光属性はだめでしょう。

これじゃまるでオネストを使えと言っているようなものじゃないですかΣ

…はい、言ってますね(´・ω・`)

打点が乏しいトリックスターではオネストが非常に心強い!一度見せておくだけでも牽制になるのでその点も優秀ですね。

 

<そもそも何かしたらバーン、て。>

つまり、動くなと。

「言うて200や400バーンとか微々たるもんやろ?」ー甘い。

気づいたら4000ぐらい余裕で削り取るデッキです。まだ相手の後攻1ターン目です。

トリックスターを相手にするときは、微々たるバーンを甘く見ないことです。気づいたらオネストの反射ダメージで負けてた、ファイヤーフォース撃たれたとか非常によくある話です。

でも実のところ、使い手からするとバーンはおまけで、本当は相手の動きを抑制することがメインです。中盤にもなってくると、ライフが2000切るのもおかしくありません。こういうときにマンジュやキャンディナが複数体並んでいて挙句ステージがあった場合、一回の動きで入るダメージをしっかり計算しておかないと簡単にゲームエンドしてしまいます。

ステージありでマンジュとキャンディナがいる状態にゴードン撃ったら、600+400でこれだけで1000バーンです。慎重にならざるを得ませんぜ。

 

<ステージを侮るなかれ。>

ライトステージは一枚で先攻九支を突破することができるカードです。ステージ発動時に九支を撃っておかないと、その後のステージ効果で九支を無力化されてしまいます。

ひとつひとつの戦い方を慎重に行えば、デッキパワー(主に打点)で劣る恐竜系統のデッキにも対抗できます。また、ステージは名称ターン1がないカードなので(おかしい)何度も張りなおすことができ、手札でダブつこうが関係ないというね←

このカードの使い方次第では環境デッキを倒せる、と言っても過言ではないでしょう。

【弱み】

では聞こう。トリックスターの弱みとはなんなのか。

<打点の低さよ。>

そう、何を隠そう、戦闘にはめっぽう弱い!リンクしてホーリーエンジェル出さない限り相手モンスターを戦闘破壊なんてできやしない!オネスト使えば話は別ですが、そうそう握れるわけでもない!

いくらサーチに安定性があろうと、圧倒的打点の前では無力なのですよ。。。

したがって戦闘を補助するフォース系統を入れる方が多いというわけです。その厄介な戦闘鬼つよモンスターたちの中でも特に、そこそこの打点もありながらフリー除去&耐性持ちのマスPなんてやつは呼吸すらまともにさせてもらえないですね、はい。

あ、究極の恐獣もだめよ?手札に骨骨ザウルスなんていたら目にもあてられないから。

 

<うらら勘弁。>

トリックスターの強さは何といってもそのサーチ力!しかし!うららはそれを止めてしまう!だがしかーし、こちらにはうらら一体じゃ追いつかないほどのサーチカードがある!

「ターンエンド。どうぞ。」

「ドロー、スタンバイ、何か。」

「リンカネで(*´ω`)」

「…うららで。」

「…ハイ(´◉◞౪◟◉)」

これだからうららはよぉぉ…ヴェーラーと違い、キャンディナに当てられたところでマンジュコンバットが意味ないという。。。どのデッキにも共通なように、うららたんだけはきついからマジやめ( ゚Д゚)

 

<やっぱりバーンダメージに依存しちゃうよね。>

使い手はよくわかっていると思いますが、実はこのトリックスターというカテゴリ、リンカネバーンコンボ以外に環境デッキに勝てる代表的な勝ち筋がないんです。

「いや、リリーベルでかなりライフ持ってくやろ!」

…出せれば、ですね。そもそも純型でもリリーベルは多くて2枚。トリックスターはその優秀なサーチ性能から序盤は戦えますが、中盤あたりからデッキ内リソースが尽きていき、最終的にはトリックスターモンスがいなくなります←

リンカネの墓地蘇生を使い切ったらいよいよもって危ないです。そうならないためにも早めにバーン入れて相手の動きを牽制しつつ、リリーベルダイレクトやスケゴリンクを決めにいくんです。

つまりですね、リンカネを止められたりキャンディナを手札に回収できなかったりすると、割と詰みなんです。

今のところはリンクしてもアドが生まれないように設計されているので、仕方ないところですが、もうちょい打点ほしかったよね。まあ、ブラッディマリー来たらドローできるからわんちゃん、ということで応募者全員サービスの到着を待ちましょうね(*´ω`)

 

【総評】

今回は【トリックスター】の強み・弱みに関する紹介でした。

メタデッキとして巷では煙たがれるデッキのひとつですが、本記事をお読みいただく前と後とでは、トリックスターへのイメージが多少なりとも変わったのではないでしょうか?

サーチさえ止められてしまえばなんもできん。どのデッキにも共通でしょうが、打点がない分だけこのデッキはきついものがあるかもしれません。ましてやテーマ内にリンカネ以外の相手ターン妨害札がない、というのも少し厳しめでしょうか。

 

総評での記述となりますが、全ハンデスができない状況下でのスタンバイリンカネの使用はあまりおすすめできません。昨今の環境デッキに共通していることは、サーチから手札を揃えて動くということ。相手がおそるおそる札を揃えたところで撃つのがベストでしょう。羽根帚?そんなんバグや。

 

皆さんもトリックスターに遭遇したら、煙たがらずにニコニコお相手して、リンカネ撃ってきたところでうららを投げてみてはいかがでしょうか?(*'▽')

 

ボ「最近walpが私のこと忘れている気がする。。。」

???「あなた、毎回記事内容と関係ないのに登場しておいて、よくもそんなことが言えるわね?」

ボ「!?…そなたは…」

ナルキッス「ちゃんと新規としてやって来たのに、許さない!」

walp「ほら、二人とも守備高いから仲良くしてよ?」

ボ・ナル「そういう問題!?

f:id:walp:20170405232805j:plainf:id:walp:20170729001020j:plain

 

次回は、少し異色のメタファイズでも紹介しようかなと思います。

それではしばし待たれよ|д゚)

 

↓アンケート実施中!

 

ブログランキング参加しています。クリックを…( `・∀・´)ノヨロシク