竜星のぼちぼち備忘録。

主に竜星の大会レポ・解説・デッキ紹介載せます。

【デッキ紹介】思いのほか動いた【恐竜竜星魔弾】

どうも皆さん。walpです。

今回は、思い付きで作った【恐竜竜星魔弾】のデッキ紹介を行います。

 

【デッキレシピ】

こちらが今回ご紹介するデッキ【恐竜竜星魔弾】になります。
純魔弾を組んでいた際に、「メタビ寄りでなく、かつ展開力に優れた魔弾デッキ組めないかなー(/・ω・)/」と模索し、…気付けば竜星を魔改造していました笑

 

メイン

f:id:walp:20170829223706j:plain

※今回はサイド・エクストラは載せていません。

 

ベースは【恐竜竜星】

魔弾が入ってると言っても、ベースはおなじみの恐竜竜星ギミックです。オヴィor化石調査からボウテンコウを作ってボウテン・九支の布陣を敷きます。
変わり種としては、、、
スター+化石調査でボウテン+九支+カスパールができます。

 スターns→スターの下列で化石調査ef
→ミセラサーチ後スターef、カスパールss
→ミセラ手札から切ってef、除外してef、アウロss
→アウロとスターでS召喚、ボウテンコウss、ef九支サーチ
→ボウテンコストでリフン墓地へ送ってef、レベル1
→九支サーチ後カスパール下列へセット

手札二枚から場に九支と魔弾による妨害が可能となります。
上記以外にも二重召喚を組み込むことで柔軟な動きが可能です。

 

【魔弾】単体でも十分戦える

【魔弾】自体が最低でも中堅レベルのテーマなので、召喚無効、裏守備などにされない限り、単体でも戦えます。個人的に回してみての感想ですが、魔弾というテーマは、純構築が一番動きがスムーズで扱いやすいように感じました。
同胞入りでもなしでも専用魔法罠が充実しているので無理にミックスせずとも戦えるスペックを備えています。
今回ミックスしてみた理由は、

①化石調査+スターの動きが魅力的だった(うららを散らせれる)
②二重召喚があればある程度誘発をカバーできる

この二点です。
また、終盤のドクトルによる墓地魔弾回収も強いですね、ピン採用ですが。
【恐竜竜星】は、ボウテンコウにさえ繋げれればある程度は何とかなりますが、出せなければ本当に失速します。この弱点をスターから入ることでうららを散らし、仮にボウテンコウが立たなかったとしても魔弾を場に置くことで、相手にプレッシャーをかけることができるようになります(実際に動きを妨害できますからね)。

 

魔弾魔法罠枚数

枠の都合上、ドミネーター、デスペラード、デッドマンズの三枚に絞りました。
基本はスター→カスパール→ドクトルに繋げて、中盤~終盤の玉は墓地から供給します。混ぜ物で魔弾魔法罠を素引きしすぎるのは事故要因なので、思い切って三枚です。

 

 

 

【総評】

今回は、かなりカオス構築となった【恐竜竜星魔弾】のデッキ紹介でした。
使ってみると思いのほか回るので、まあありっちゃありかなという感じです。
【魔弾真竜】よりは自分の手に馴染みました。
気になった点としては、少々打点不足を否めないので、どちらかというとアルコン寄せにしてもいいかもしれません。

 

ボ「walpが新しい弾丸を手に入れた。。。」

walp「割と撃ちやすくて驚き」

ボ「…夜道には気をつけろよ、純魔弾使いが狙ってるかもしれんぞ?」

walp「安心しろ、俺の後ろにはお前がいるから大丈夫」

ボ「!?…大丈夫じゃねぇ(私が)」

f:id:walp:20170405232805j:plain

次回は、何書こうか…(*'▽')

 

それではしばし待たれよ|д゚)

 

 

↓アンケート実施中

 

ブログランキング参加しています。クリックを…( `・∀・´)ノヨロシク