竜星のぼちぼち備忘録。

主に竜星の大会レポ・解説・デッキ紹介載せます。

【デッキ紹介】純魔王~蘇る暗黒の魔王様~

どうも皆さん、walpです。
随分と暖かくなり、春の陽気が感じられる季節となりました。
今日はとっても寒かったですけどね!←
日曜日に一足早いお花見ならぬ、「お蕾見」を行いました(*'▽')
流石に早すぎましたね、見事に蕾でした。。。
でも屋外の決闘は格別でした!たまにはいいですね(・ω・)
さて、今回は前回の記事でもTwitterでも予告していた通り、【純魔王】デッキのご紹介です。
 

 【デッキレシピ】

こちらが今回作成した【純魔王】デッキです。 

メイン 

f:id:walp:20180320230810j:plain

概要

【魔王】デッキの基本の動きは、魔王様立ててウィルス撃つ。これだけです(・ω・)
このデッキの強みは、何といってもシャドウディストピアにより相手のカードをリリースすることです。コスト扱いのリリースなので、対象取れないモンスターや破壊耐性も突破できる、恐ろしい。。。
アフリマたんの活躍により、シャドウディストピアを引き込みやすくなっていますが、初手で貼れる確率は実のところそれほど高くありません。貼れないこともしばしばです。貼りたいけど貼れない。貼れないとうまく立ち回れない。
ではどうするか、、、?
簡単です、ディストピアに依存しなければよいのです(*'▽')

採用カード
アフリマたん、リリスを各3枚、魔王様を2枚積みました。アフリマたんとリリスは言わずもがなですね。ドロソとディストピアになるアフリマたんは無論フル、相手ターンリリースでき罠も供給できるリリスも無言のフルです。魔王様もできれば3枚積みたいですが、引き過ぎ事故が怖いので2枚です。その代わりにおろ埋と霊廟を積んでます。

アンブラル・ゴーストの存在

そう言えば一種類見慣れないカードが入ってますね。<アンブラル・ゴースト>。
アフリマリリスの欠点は、自身以外の闇属性を1ターンで用意することの難しさでした。ゴーストはそれを補ってくれる優秀なカードです。手札から自身と☆4以下の悪魔をssできるのです。デメリットとしてそのターン通常召喚を行えないとありますが、2体展開できれば召喚なんかしないので無問題です。
ゴーストの素晴らしいところは、手札誘発が増G以外かからない点にあります。増Gでさえも、1枚しか引かせないので手札交換に抑えれます。使ってみると割と便利ですが、デッキ内悪魔族の枚数から3枚は過剰と考え2枚の採用です。

ジュラゲドは優秀

ゴーストの存在で、多少の展開力はつきましたが全体で見るとやや頼りない。そこで打点アップ、回復持ち、リリース効果の3拍子揃ったジュラゲドさんを採用しました。
ssして1000ライフ回復、リリースして打点パンプしつつ魔王様を呼ぶ、この上ないシナジーを持ったカードです。積み過ぎは微妙に展開阻害となるためこちらも2枚採用です。

誘発その他

誘発8枚、墓穴3枚、拮抗勝負2枚とある程度の状況でも対応できるようにサポートカードをふんだんに積みました。


サイド・エクストラ

今回は割愛です。


【総評】

今回は、イラスト的にも効果的にも気に入っている【純魔王】のデッキ紹介でした。
これといったコンボは今のところ考えていないので載せいてませんが、シンプルに打点で制圧したりウィルスで手札枯らしたり、意外と豊富な攻め手があるので使っていて飽きません。皆さんもシンプルな【純魔王】を組んでみてはいかがでしょうか(*'▽')

 

ボ「記事見る限り、walpはアフリマにお熱だな」
walp「4足歩行犬タイプは基本好きやねん」
ボ「確かに私も4足歩行で犬タイプだな」
walp「いや、お前は犬ではなくシーサー型だから」
ボ「!?狛"犬"型ではなかったのか!?」
f:id:walp:20170405232805j:plain

次回は、ヴァンパイアの構築か、魔王様の亜種でも書こうかと思いますん(・ω・)

それではしばし待たれよ|д゚)

 

 

↓アンケート実施中

 

ブログランキング参加しています。クリックを…( `・∀・´)ノヨロシク