竜星のぼちぼち備忘録。

主に竜星の大会レポ・解説・デッキ紹介載せます。

【考察】聖騎士の新規が来るそうですね。

どうも皆さん、walpです。
今回は、海外で新規が判明した【聖騎士】の考察です。
先日のオフ会で聖騎士を使ったところ、久々故か懐かしい感覚を覚え、その矢先に新規の情報を得たので紹介しようと思った次第です。従来と比較して安定度が段違いとなりました(*'▽')

紹介に入る前に、先日のオフ会の話をば。
10月6日(土)、台風の中開催しましたが、予想以上に多くの方にご参加いただきまして、誠にありがとうございました!
雨風に負けずお越しいただいた皆様、フリー対戦会やサブイベでも盛り上がっていただき主催としてとても嬉しかったです!
天候により残念ながら不参加となってしまった皆様、第2回を予定しておりますので是非是非宜しくお願い致します!

 【カードプール】

まずは現状判明分のカードたちのご紹介。和名は私が適当に付けている部分がありますのであしからず(*_ _)
画像とかは割愛するん(/ω\)

モンスター

《Noble Knight Custennin》
《Noble Knight Custennin》(和名:聖騎士コンスタンティン) 
効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻1000/守2000
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
このカード名の①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
①:フィールドに「聖剣」装備魔法カードが存在する場合、このカードを手札から特殊召喚できる。
②:このカードを素材としてS・X・リンク召喚した「聖騎士」モンスターは以下の効果を得る。
特殊召喚に成功した場合に発動できる。このターンの自分メインフェイズ、手札の聖騎士モンスター1体を召喚できる。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「聖騎士」モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
 
場に聖剣装備した聖騎士がいれば手札からssできます。チェーンブロックを作らないのはポイント高いですね。守備も2000といい感じです。また、このカードを素材としてエクストラの聖騎士モンスターを出した場合、聖騎士の通常召喚を増やすことができます。
その効果発動後は聖騎士モンスターしかエクストラから出せませんが、【聖騎士】であれば気になりません。2から3枚積みたいですね。
 
《Noble Knight Pellinore》

《Noble Knight Pellinore》(和名:聖騎士ペリノア)
効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻1900/守500
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの「聖剣」装備魔法カード1枚と相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのカードを破壊し、1枚ドローする。このターン、このカードは攻撃できない。

モンスター限定のトリスタンみたいなカード。こちらは起動効果ですが打点が1900あります。1ドローが魅力的ですし、条件付きですが能動的に聖剣を付け替えできます。
ただし、この効果の使用後は亜白龍よろしく攻撃できませんので要注意。
1枚採用すれば十分でしょう。

 
《Noble Knight Iyvanne》

《Noble Knight Iyvanne》(和名:聖騎士ユーウェインorイーヴァン?) 
効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻1700/守1600
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない
①:このカードに「聖剣」装備魔法が装備された時に発動できる。自分フィールドに「聖騎士トークン」(戦士族・光・星4・攻/守1000)1体を特殊召喚する。この効果を発動した後、自分は「聖騎士」モンスター以外のモンスターを特殊召喚できない。
②:このカードに「聖剣」装備魔法が装備されている限り、このカード以外の自分フィールドの「聖騎士」モンスターの攻撃力は500ポイントアップする。

聖剣を装備した時に聖騎士トークンをssします。時の効果なのでタイミングを逃す点は要注意ですが、トークンが「聖騎士」名称であり、かつ戦士族ということからこのカードと聖剣でイゾルデをssできます。デメリットはあるものの、こちらも【聖騎士】では気になりません。
また、自身以外の全体打点UPもあり、全て優秀な効果と言えます。
2から3枚積みたいですね。

 

《Morgan, the Enchantress of Avalon
《Morgan, the Enchantress of Avalon》(和名:アヴァロンの魔女モーガン?)
効果モンスター
星3/闇属性/魔法使い族/攻1300/守1600
このカード名の効果は1ターンに1度しか発動できない。
①:自分フィールドに「聖剣」装備魔法カードを装備した「聖騎士」モンスターが存在し、相手がカードの効果を発動した場合、このカードを手札から墓地に送って発動できる。自分フィールドの「聖剣」装備魔法1枚を破壊し、その発動を無効にする。
 
場に聖剣を装備した聖騎士がいる場合、あらゆる効果を無効化できる優秀な手札誘発。後手での相手の展開妨害はできませんが、先攻を取った際には頼もしい存在となります。聖騎士にはこれまで相手ターンでの妨害がなかったため、嬉しい強化と言えます。
欲を言えば、サーチができればよかったのですが(´・ω・`)
しかし、後手では運用が難しいのでメインには1から2枚、先手を取った際にサイドからガン積みが理想でしょう。

  

魔法・罠

《Noble Arms – Clarent》

《Noble Arms – Clarent》(聖剣クラレント

装備魔法
戦士族モンスターにのみ装備可能。
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:「Noble Arms – Clarent」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
②:1ターンに1度、500LPを払って発動できる。装備モンスターはこのターン直接攻撃できる。
③:フィールドの表側表示のこのカードが破壊され墓地へ送られた場合、自分フィールドの戦士族の「聖騎士」モンスター1体を対象として発動できる。その自分の戦士族の「聖騎士」モンスターにこのカードを装備する。

新たな聖剣。ダイレクトアタックが可能です。アルトリウスに付けて殴れば、3000パンチのダイレクトです。ですが、採用してみるとあまり使うシーンはなく、どちらかというと聖剣の種類増しとして入れているだけ、という印象でした。なくてもいいかもですね。

 

《Heritage of the chalice

《Heritage of the chalice》(和名:聖杯の継承?相続?)

通常魔法
このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか発動できない。
①:デッキ・墓地から「聖騎士」モンスター1体または「聖剣」装備魔法カード1枚を手札に加える。
②:「聖剣」装備魔法カードを装備した「聖騎士」モンスターが戦闘によって破壊され墓地に送られた場合に発動できる。墓地のこのカードを手札に加える。

デッキ・墓地から聖騎士モンスターor聖剣をサーチ&サルベージする効果。これはやばい。。。【聖騎士】は、今までモルドレッドを持ってくる手段が極端に少なく、マーリン登場で多少握りやすくはなったものの、結局モルドレッドにアクセスできなければ負けるという欠陥を抱えていました。しかし、このカードの登場により、デッキ内のモルドレッド数が増援含めて10枚に増えたのです!革命的すぎます!
また、場の聖剣を装備した聖騎士が戦闘で破壊されたら墓地のこのカードをサルベージできるという、何度でも蘇る系カード。条件は多少きついですが、何かしらで殴りに行って、このカードをサルベージ、その後コンスタンティンをサーチして、終幕で墓地の聖騎士ss、コンスタンティンss、イゾルデssといくらでも展開が考えられます。
ガン積み確定ですね。

 

《Until Noble Arms are Needed Once Again》

《Until Noble Arms are Needed Once Again》(和名:再び聖剣が必要とされるまで?適当です笑)

通常罠
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか発動できない。
①:自分フィールドの「聖剣」装備魔法カードと同じ数だけ自分のデッキの上からカードをめくる。その中から1枚を手札に加え、残りは好きな順番でデッキの上に戻す。
②:墓地のこのカードを除外して発動できる。フィールド・墓地に存在しない「聖騎士」モンスター1体をデッキから特殊召喚する。 この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには使用できない。

罠版の強謙みたいなカード。墓地で除外して聖騎士をリクルートする効果もあります。
②の効果は三兄弟と相性がよく、三兄弟で墓地のモンスターを空にした後でリクルートを使うと、事実上三兄弟以外のどんな聖騎士でもss可能です。
ただし、やはり罠故の遅さが目立つため、積極的に採用しづらいカードとなっています。

 

エクストラモンスター

《Sacred Noble Knight of King Custennin》

《Sacred Noble Knight of King Custennin》(和名:神聖騎士王コンスタンティン

エクシーズ/効果モンスター
ランク4/光属性/戦士族/攻1500/守2500
レベル4「聖騎士」モンスター×2体以上
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードのX素材を任意の数だけ取り除き、その数だけ相手フィールドのカードを対象として発動できる。そのカードを手札に戻す。
②:このカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。「Sacred Noble Knight of King Custennin」以外の「聖騎士」Xモンスター1体をX召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚し、墓地のこのカードをそのX素材とする。

ここにきて新たなエクシーズ体が!
取り除いた素材の数だけ相手場を手札にバウンスします。また、戦闘・効果で破壊され墓地に送られた場合にエクストラデッキからX召喚扱いで聖騎士Xモンスターをssできます。これにより、相手ターンで倒されても、なぜか最強アルトリウス降臨が狙えるという笑
最低でも1枚は採用しておきたい1枚です。 

 

【基本の動き】

新規入りの【聖騎士】の動きを書いていきます。

モルドレッド+聖剣(EXカリバーン以外) ※従来パターン

f:id:walp:20181008234058j:plain

モルドレッドns、聖剣A装備、モルドレッドefデッキからボールスss、聖剣A破壊
→破壊された聖剣をボールスに装備、ボールスef、デッキから天命・EXカリバーン・ギネヴィアを選び相手にランダムに選んでもらう
→手札に加わったいずれかの聖剣をモルドレッドに装備
→2体で最強アルトリウスss(天命・EXカリバーン・聖剣A・状況次第ではギネヴィア装備)

<結果>

f:id:walp:20181009000017j:plain

場:最強アルトリウス(天命・EXカリバーン・聖剣A・ギネヴィア装備)

手札:初手3枚
墓地:なし

これが従来ルートです。昔は強かったですが、今は壊獣・メガフリートの存在からあまり強く出られません。。。

 

モルドレッド+聖剣(EXカリバーン以外)

f:id:walp:20181008234058j:plain

モルドレッドns、聖剣A装備、モルドレッドefデッキからユーウェインss、聖剣A破壊
→破壊された聖剣をユーウェインに装備、ユーウェインef、トークンss
トークンとユーウェインでイゾルデss、聖剣A破壊、イゾルデefデッキから三兄弟以外の聖騎士サーチ
→デッキから天命・EXカリバーン・ガラティーン・聖剣Bの4種類の聖剣を墓地へ送ってイゾルデef、三兄弟ss
→墓地のユーウェイン・聖剣A・Bを対象に三兄弟ef、デッキに戻して1ドロー
→モルドレッドと三兄弟でコンスタンティンorアルトリウスss(天命・EXカリバーン・ガラティーン装備)

<結果>
コンスタンティンver.

f:id:walp:20181008234236j:plain

↓アルトリウスver

f:id:walp:20181008234210j:plain

場:イゾルデ+コンスタンティンorアルトリウス(天命・EXカリバーン・ガラティーン装備)
手札:初手3枚+1ドロー+聖騎士サーチ分
墓地:聖剣3枚orなし

従来の最強アルトリウスルートで手札補充しつつ盤面も作り、後続の確保もできています。段違いの展開ですね。

コンスタンティン+ユーウェイン+聖剣(EXカリバーン以外)

f:id:walp:20181008234421j:plain

ユーウェインns、聖剣A装備、ユーウェインef、トークンss、コンスタンティンss
トークンとユーウェインでイゾルデss、聖剣A破壊、イゾルデefデッキから三兄弟以外の聖騎士サーチ
→デッキから天命・EXカリバーン・ガラティーン・聖剣Bの4種類の聖剣を墓地へ送ってイゾルデef、三兄弟ss
→墓地のユーウェイン・聖剣A・Bを対象に三兄弟ef、デッキに戻して1ドロー
コンスタンティンと三兄弟でコンスタンティンorアルトリウスss(天命・EXカリバーン・ガラティーン装備)

<結果>
コンスタンティンver.
f:id:walp:20181008234534j:plain

↓アルトリウスver.

f:id:walp:20181008234441j:plain

場:イゾルデ+コンスタンティンorアルトリウス(天命・EXカリバーン・ガラティーン装備)
手札:初手2枚+1ドロー+聖騎士サーチ分
墓地:聖剣3枚orなし

 

三兄弟+聖騎士モンスター2体

f:id:walp:20181008234729j:plain
三兄弟Ans、ef手札から聖騎士A・Bss→A・Bでイゾルデss、efデッキから三兄弟以外の聖騎士サーチ
→デッキから天命・EXカリバーン・ガラティーン・聖剣Aの4種類の聖剣を墓地へ送ってイゾルデef、三兄弟Bss
→墓地の聖騎士A・B・聖剣Aを対象に三兄弟Aef、デッキに戻して1ドロー
→墓地の天命・EXカリバーン・ガラティーンを対象に三兄弟Bef、デッキに戻して1ドロー
→三兄弟2体でコンスタンティンss

 

<結果>

f:id:walp:20181008234936j:plain

場:イゾルデ+コンスタンティン
手札:初手2枚+2ドロー+聖騎士サーチ分(※画像では1枚ドローが足りてません!)
墓地:なし

聖剣なしパターンですが、三兄弟が強いためなんとかなります笑

 

 

【総評】

今回は、新規が決定している【聖騎士】の考察回でした。
以前より安定して展開ができるようになり、しかも強い動きが可能となりました。
早く来年にならないかな(遠い目)

ボ「聖騎士とは珍しいな」
walp「元々好きなテーマやで」
ボ「まあ幻竜族が一番だよな!」
walp「そうだね(にっこり)」
ボ「!?…不敵な笑み、とな…」
f:id:walp:20170405232805j:plain

次回は、RRか竜星かね?最近はなかなか記事書けなくてつらい(;・∀・)

それではしばし待たれよ|д゚)

 

 

 

↓アンケート実施中

 

ブログランキング参加しています。クリックを…( `・∀・´)ノヨロシク

 

プライバシーポリシー お問い合わせ