竜星のぼちぼち備忘録。

主に竜星の大会レポ・解説・デッキ紹介載せます。

【考察】2019年1月新制限からの竜星

どうも皆さん。walpです。 
遂に1月からのリミットレギュレーションが公開されましたね!
(今回も21時更新と、KONAMIさんも夜遅くまで大変です。)
今回は改訂後の【竜星】について書いていきます。

 

 【1月からのリミットレギュレーション】

新たに追加されたカード

 ○禁止カード
《グローアップ・バルブ》
ダンディライオン
《トロイメア・ゴブリン》
《No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン》
ファイアウォール・ドラゴン》
《BF-隠れ蓑のスチーム》
《M.X-セイバー インヴォーカー》
《神剣-フェニックスブレード》

制限カード
《オルターガイスト・マルチフェイカー》
《水晶機巧-ハリファイバー》
クロノグラフ・マジシャン》
《閃刀機-カガリ
《マスマティシャン》

準制限カード
《Emダメージ・ジャグラー
《源竜星-ボウテンコウ》
トリックスター・キャンディナ》
D-HERO ディスクガイ》
《ルドラの魔導書》
《停戦協定》
《パーソナル・スプーフィング》

○制限解除カード
《彼岸の旅人 ダンテ》
《ブリューナクの影霊衣》
《真竜皇の復活》
《破壊輪》
※朱書きは環境で暴れていたカードです。

 

うお…朱書き多すぎて…苦笑
グッドスタッフリンク系の展開デッキがほとんど一斉規制を食らった、というところですね。ダークマターは【ガンドラ1kill】の抑止でしょう。インヴォーカーは【剛鬼】もさることながら、次環境に入りそうだった【六武】の抑止ですね。これで安易な先攻ゲームは減ったように感じます。
クロノグラフの制限化により、【魔術師】が更に弱体化しました。
…本当にそうか?ぶっちゃけ動くでしょ…

マルチフェイカー制限、スプーフィング準制限により【オルターガイスト】が、カガリ制限により【閃刀姫】がそれぞれ弱体化しました。と言っても、オルガはまだパーツがたくさんあるので環境に居座るかもしれません。メリュシークとマリオネッター、スプーフィング2枚が残っている以上は、マルチフェイカーへのアクセス手段がしっかりと残されていますからね。閃刀姫は、随分厳しくなったように思います。他のリンク体は健在なものの、墓地回収が1回しか使えないということは、ほぼ間違いなくエンゲージ回収にカガリを当てたいはず(そうしないとダブルエンゲージできないしね)。ただ、墓地回収のハーキュリーが残っているので、現段階ではまだ何とも言えませんね。

そしてなんだかんだあまり制限されない【トリックスター】ですが、とうとうキャンディナが準制限になりましたね。
「え?そんなんじゃ足りなくね?」
私も初めはそう思いましたが、恐らく来期はエクストラリンクやFTK等はほぼほぼ減りますが、それでもセフィラや魔術師、サブテラー、オルガなどの先攻制圧(罠ベースで2、3妨害構える系)は健在です。そうなるとやはり後手の選択肢が乏しくなる。というわけでライトステージにはまだ活躍してもらいたいのでしょう(*'▽')

さて、緩和枠ですが、【Em】【彼岸】【影霊衣】【真竜】。他にもディスクガイやルドラ等戻ってきています。いい感じですね。彼岸はフルパワーになってしまいましたね苦笑
あ、ガイドがまだ帰ってきてないですね、そういえば(´・ω・`)
影霊衣もブリュ無制限は、こりゃあ激熱ですよ!魔神儀も強いですし、組みたくなりますねぇ!
そして、何か変な文字が見えます。

《源竜星-ボウテンコウ》(準制限)

…は?
……え。KONAMIさん、まじ…まざい?
………いいんだよね?本当に?…使っちゃうよ?

来期の環境デッキ

気を取り直して(?)、来期の環境予想でもしてみましょう。
【サンダードラゴン】【魔術師】【転生炎獣】【サブテラー】【セフィラ】【彼岸】【トリックスター】【オルターガイスト】【影霊衣】【BF】【サイバー】【インフェルノイド】【機界騎士】【月光】
これらが巷でも騒がれているようです。また種類豊富ですね(*'▽')
属性統一や種族統一デッキが多く、かつ先攻で制圧できるデッキタイプが挙げられています。また、後手1kill系も候補に挙がりそうです。これだけ分散してしまうと、サイドからのメタが散ってしまうので、どのデッキも勝機があり楽しい環境と言えそうです。

竜星への影響

まずはずっと我慢していたことを言わせてください。
「ハリファイバぁぁあああっ!!!!!!!!!!!」

…ふぅ。そして、
「ボウテンコウぅぅうううっ!!!!!!!!!!!
なんで増殖しとんねんお前っ!!!!!!!!!!!」

……失礼。あまりにもあまりの出来事だったもので、つい。
さて、今回の改定ですが、【竜星】には全くもって影響がありません。影響大アリです、はい。

ハリが制限になったことで、返しの札がなくなってしまいました。。。
ハリ君、今までありがとう。君の恩恵は計り知れない。。。
…と思っていたのですが、ボウテンコウが2匹になったことで、相も変わらずヴァレルソード1killができました。ボウテンコウ怖い。。。
以下、ヴァレルソードルートではありませんが、新環境での竜星展開を上げておきます。

 

 

ボウテンコウが2匹になったことで…

ボウテンコウが増えることによって、従来よりも安定感が増し、強力になりました。

  1. ハリボウテン九支から、輝跡を使わずにハリ→ボウテンが可能に
    ボウテンが1匹の時は、相手ターンの選択肢がライザー、ワンマジ、フォーミュラで、アド的には1:1ぐらいでしたが、ボウテン2匹目が控えていることにより、シンクロ時に竜星サーチ、シンクロ時に竜星リクルートと2:1交換ができるようになりました。これにより、ハリが制限となり返しで使えなくなってもヴァレルソード1killが可能です。

  2. 九支→輝跡→九支の比率が完全に生かせる
    ボウテンが1匹の時は、先攻では九支を、後攻では輝跡をサーチした後はデッキ内の竜星魔法罠カードに触ることはほとんどできませんでしたが、ボウテンが2匹になると、上記1.の動きをすることで、返しにリソース回復しつつボウテンをエクストラデッキに戻し再びシンクロすることで、次の九支をサーチすることができます。

  3. 相手ターンに多彩なシンクロが可能
    ボウテンが1匹の時は、ショウフク、グリオンガンドを出すためにはライザーが必須でしたが、2匹目を確保したことにより、ショウフクもグリオンガンドもライザーを使わずに+1アド稼ぎながらシンクロすることができます。
    また、2匹目のおかげで相手ターンに意味のわからない縛りを持ったチョウホウを降臨させることができます。

 

【総評】

今回は「ハリ君お別れ会&ボウテンコウ2匹目おかえり会」の巻の発売日でした。
ハリ君は本当に残念だったのですが、なぜかかえってきたボウテンコウ2匹目のおかげでさほど影響なく来期に挑めそうです(*'▽')

ハリ「お別れだ」
walp「今までありがとう」
ボ「達者でな」
ハリ「大丈夫、代わりは呼んである」
ボ2「待たせたな!」
walp「むしろなんで解放された」
ボ1「さてはお主、自力で脱出してきたな!?」
ボ2「ふふふ、神のみぞ知る、というやつよ」
walp「2匹に増えるとうるさすぎてかなわん。しっかりしつけ(調教)してやらんとな」
ボ1&2「わん!?」

f:id:walp:20170405232805j:plain

 
次回は、恐らく新環境の竜星構築になるかと。

それではしばし待たれよ|д゚)

 

 

↓アンケート実施中

 

ブログランキング参加しています。クリックを…( `・∀・´)ノヨロシク

 

プライバシーポリシー お問い合わせ