竜星のぼちぼち備忘録。

主に竜星の大会レポ・解説・デッキ紹介載せます。

【デッキ紹介・考察】破械のススメ~Part2 戦術編~

どうも皆さん、walp(ヴァルプ)です。

 

寒いっすね…めちゃくちゃ、寒いっすね……


さて、今回は【破械】の後編記事『Part2 戦術編』となります。

 

レシピ等の紹介は前回行いましたので、今回はより実践的な部分を書いていきたいと思います。

 

↓前回記事はこちら 

walpyugioh.hatenablog.com

 

 

 

 それでは、中身に入っていきましょう(/・ω・)/ 

 

 
 
 

基本の動き

前回ご紹介した通り、破械は下級モンスターのリクルート効果と、破械神モンスターのリンク効果の2軸を主体として戦うデッキです。

 

そのうち最も重要なのが下級のリクルート効果です。 次で紹介していきます。

 

 

破械下級モンスター基本の動き

忘れている方、初めての方もいらっしゃると思いますので、前回同様簡単な紹介を。
 
下級モンスター共通効果

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのカード1枚を対象として発動できる。~(固有効果)~。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は悪魔族モンスターしか特殊召喚できない。
②:フィールドのこのカードが戦闘または「破械童子○○○(自身)」以外のカードの効果で破壊された場合に発動できる。手札・デッキから「破械童子○○○(自身)」以外の「破械」モンスター1体を特殊召喚する。

 

【破械】は、基本的に破壊にまつわる効果を持ち、それを主体として戦うテーマです。

上記の通り、下級モンスターは共通効果として、場で破壊されたらデッキから同名以外の破械モンスターをリクルートする効果を持ちます。

レベルを問わずリクルートできるので、自爆特攻してダメステ中に雙極をリクルートして、相手カードを対象を取らずに除去する、という芸当も可能です。

 

下級自爆特攻のパターンは主に2つあり、1つは先に挙げた雙極での除去後に確実に3000ポイントを通すパターン、そしてもう1つは禍霊をリクルートして、メイン2に相手モンスターとリンクしてラギアを出し、確実に妨害を構えるパターンです。

後者の場合は確実に2除去できるのでよく使います。

 

 

 

 

ラキアの使い方

f:id:walp:20191103114311j:plain

《破械童子ラキア》
効果モンスター
星3/水属性/悪魔族/攻1500/守1500
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:自分フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は悪魔族モンスターしか特殊召喚できない。この効果は相手ターンでも発動できる。②:フィールドのこのカードが戦闘または「破械童子ラキア」以外のカードの効果で破壊された場合に発動できる。手札・デッキから「破械童子ラキア」以外の「破械」モンスター1体を特殊召喚する。

 

【破械】では、「ラキアを上手く使えるかで勝敗が左右される」と言っても過言ではないです。

パッと見ただのアド損効果なのですが、この子は下級ながら、フリチェで破壊を行うことができます。

場にラキア、手札に雙極がある場合、相手ターンでラキア効果を使い自分の場のカードを破壊すると、手札から雙極が反応して1除去を行ったり、自分の他のカードを破壊して、さらなるアドに繋げることが可能です。

また、ライゴウが立っている状態でラキアを横に置いておくと、こちらも相手ターンで確定1妨害ができるので便利です。

 

 

バトルフェイズでの立ち回り

その他、自分ターンでの立ち回りとしては、主にバトルフェイズで真価を発揮します。

 

◆手札:ラキア+破械魔法罠+雙極の破械神

破械魔法罠セット

→ラキアns、バトルフェイズ

→ラキアで攻撃、その後破械魔法罠対象にラキアef

→破械魔法罠を破壊、破械魔法罠のef、チェーンして手札の雙極ef、処理で雙極ss、デッキからアルハss、アルハと雙極で攻撃


これで1500+1500+3000で6000削れます。

その後は雙極とアルハでラギアをリンクしてもいいですし、相手ターンでラキア効果をアルハ対象に使い、雙極の破壊効果で除去してもいいです。

 


◆手札:アルハ+破械魔法罠

破械魔法罠セット

→アルハで破械魔法罠を対象にef、破壊してアルハss、破械魔法罠ef、デッキからラキアss

→バトルフェイズ、ラキアとアルハで攻撃、その後アルハ対象にラキアef

→アルハを破壊してアルハef、デッキから雙極ss、雙極で攻撃


場に残る数が違いますが、先程と同様のライフポイントを削れます。


このように、アド損にしか見えないラキアですが、使い所を考えてうまーく立ち回ってあげると、案外器用な動きができますので、ぜひお試しを(*`・ω・´)

 

 

 

 

 

 

目指す盤面

ぶっちゃけないです←

壊獣引けてたらそれで1除去して下級で自爆特攻しつつ、禍霊で壊獣吸って次の1妨害を確定させる、ぐらいです笑

真面目な話、それ以外大した動きはありません。

 

 

妨げられし破械の眠り

その他、変わった盤面としては、妨げと下級が絡む場合でしょうか。

下級をnsし、妨げを発動して盤面を下級諸共焼きます。その後、デッキから壊獣2体と禍霊を出します。

タイミングを逃さないリクルートとか最高かよ…竜星も見習ってくれ

そして、相手の場の壊獣と禍霊でリンクしてラギアを出し、壊獣と一緒に殴ります。

ライフを取る場合はこの動きをしますが、下級へのうららが怖い場合は妨げの後にnsして自爆特攻します。

まあ、流石に妨げにうらら撃ってくると思いますけどね笑

また、一応ですが妨げと下級と雙極で1killできます。要求札が多いのであまり成功しませんが、紹介しておきます。

 

◆手札:破械下級+雙極の破械神+妨げ

下級ns、妨げef、相手にガメシエル、自分場にジズキエルかサンダーザキングss

→下級リクルートef、チェーンして手札の雙極ssef、雙極ss、禍霊ss

→禍霊ef、相手モンスターとリンクしてラギアss


これで1800+3000+3300の計8100削れました。

雙極の効果を使って更に除去も可能な展開です。

 

 

 

他にも細かいのは色々とありますが、大枠はこんな感じです(*'▽')

 

 

デッキレシピ

念のためデッキレシピ再掲しておきます。

 

<メイン>

f:id:walp:20191103140915j:plain

 

後手型の【破械】です。

ちょっと反射で見づらいのでレシピ書き出しますね。

 

▼モンスター(22枚)
・ラキア3
・アルハ3
・禍霊1
・雙極3
・抹殺の邪悪霊3
・ガメシエル1
・ガダーラ1
・ドゴラン1
・ジズキエル1
・増殖するG3
・うらら2

 

▼魔法(10枚)
・雙王の械3
・強欲で金満な壺3
・ライトニングストーム1
・羽根帚1
・妨げられし壊獣の眠り2

 

▼罠(8枚)
・破械唱導3
・破械雙極2
・無限泡影3

 

 

 

<サイド・エクストラ>

 

f:id:walp:20191103140926j:plain

<サイド>

▼モンスター(10枚)
・ドロバ2
・ロンギヌス2
・ファンタズメイ2
・パンクラトプス2
・ニビル2

 

▼魔法(5枚)
・精神操作3
・ライトニングストーム2

 

 

<エクストラ>

▼リンク(14枚)
・ラギア3
・アルバ2
・ライゴウ1
・マスカレーナ1
・フェニックス1
ケルベロス1
ユニコーン1
・トゥリスバエナ1
・カオスソルジャー1
・ボマードラゴン1
・ゼロヴォロス1

 

▼エクシーズ(1枚)
ディンギルス1

 

 

 

 

総評

今回は、【破械】の記事『Part2 戦術編』ということで、【破械】の簡単な動き、立ち回りを紹介しました。

 

プランは使い手それぞれかと思いますが、先手で罠ガン伏せからのライゴウビートもできますし、後手からリクルートしてじわじわとアド差を広げることもでき、色々なバリエーションがあるデッキタイプだと思います。ぜひ一度使ってみてはいかがでしょうか(*'▽') 

 

 

ボ「実は壊獣が強いだけなのではないか?」

walp「そういうこと言うの良くないと思うぞ」

ボ「真面目に指摘したのに…」

walp「キャラじゃないからやめとけ」

ボ「!?」

f:id:walp:20170405232805j:plain

 

次回は、新しくなった竜星でも紹介しましょうかね。

  

それではしばし待たれよ|д゚)

 

 

 

↓アンケート実施中

 

 

ブログランキング参加しています。クリックを…( `・∀・´)ノヨロシク

プライバシーポリシー お問い合わせ