竜星のぼちぼち備忘録。

主に竜星の大会レポ・解説・デッキ紹介載せます。

【考察】2020年4月新制限からの竜星

どうも皆さん。walpです。 
4月からのリミットレギュレーションが公開されましたね(/・ω・)/
恒例の、新制限における【竜星】について書いていきます。

また、EXモンスターの召喚場所だけでなく諸々のルールに変更が生じてましたね。

その点も触れていければと思います。

 

 

4月からのリミットレギュレーション

新たに追加されたカード

○禁止カード
《儀式魔人リリーサー》

《守護竜エルピィ》
《星杯の神子イヴ》

 

制限カード
《ABC-ドラゴン・バスター》
《オルフェゴール・ガラテア》
《オルフェゴール・ディヴェル》
《ジャンク・スピーダー》
《処刑人-マキュラ》
《SPYRAL-ジーニアス》
《発条空母ゼンマイティ》
《ゼンマイマジシャン》
《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》
《TG ハイパー・ライブラリアン》
《デビル・フランケン》
《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》
《簡易融合》
《氷結界の龍トリシューラ》
《捕食植物ヴェルテ・アナコンダ
《捕食植物オフリス・スコーピオ
《餅カエル》
《リンクロス》
トリックスター・ライトステージ》
ブリリアント・フュージョン
《ユニオン格納庫》
《真紅眼融合》
《六武の門》

 

準制限カード
D-HEROディアボリックガイ》
《ドラコネット》
《未界域のジャッカロープ》
《未界域のネッシー
《継承の印》

○制限解除カード
トリックスター・キャンディナ》
《灰流うらら》
《ベビケラサウルス》
《ユニコールの影霊衣》
《レディ・デバッガー》


※朱書きは環境で暴れていたカードです。

 

 

今回は、環境TOPだった【ドラグーン】系統のデッキ、そして【オルフェゴール】にメスが入り、その他展開系が少し規制を食らったという形でしょうか。ルール変更の影響によりシンクロ・エクシーズで環境が加速しそうな部分(ライブラリアン、ゼンマイティ、餅カエル、デビルフランケン等)にも抑止としての規制が入っていますね。

新ルールで環境が読めなくなる半面、これまでの環境組が一部規制を免れているので、古参と前環境組が次環境に台頭してきそうです。 

 

 

規制組

さて、個別に見ていきましょう。

 

【ドラグーン】

真紅眼融合、ドラグーン、アナコンダが制限となり、リリーサーが禁止となりました。
これだけでパワーは落ちましたが、相変わらず手札1枚からドラグーンは健在です。これがどう影響するのやら。。。 

 

 

【オルフェゴール】

ディベル・ガラテア制限となりました。初動自体はギルスもらって枚数は変わらずなので、ガラテアを取り入れた動きに影響が出る以外、あまり変わらないようにも感じます(←オルフェあまり使ったことない発言)。リソース面で心もとないのは確かです。ガラテア召喚無効とかされたらたまったものじゃないでしょうから。

 

 

【サンダードラゴン】

今回規制は食らっていません。強いて言えばアナコンダ制限ぐらい。元々1枚しか入ってませんでしたけど笑
次の環境がサーチ環境になるならメタとして台頭してきそうですね。

 

 

【転生炎獣】

なぜかデバッガーが戻ってきました。初動が増えたので実質パワーアップしてます。あとは環境次第ですかね。

 

 

【閃刀姫】

うらら3枚がちょっと痛いかもしれませんね。規制はありませんが緩和組・新ルールの影響により、物量ごり押しテーマが復帰しているのであれば分が悪いかもです。

【オルターガイスト】

サイドから入ってくるドラグーンの枚数が減ったorそもそも抜けるのかもしれません。ただ、パワー自体はプークエリやスキドレを突っ込むことによって相対的に上がっていますので、次環境も一定数流行りそうです。リンクロスが制限になったことから、強金で飛ぶ可能性が上がっていますが、どのぐらい影響しますかね。

 

 

 

 

緩和組

では緩和組です。

 

ちょっと今回は多すぎるので、気になった部分だけピックアップ。

 

マキュラさんがエラッタで帰ってきました!

f:id:walp:20200322162759j:plain

《処刑人-マキュラ》
効果モンスター
星4/闇属性/戦士族/攻1600/守1200
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンから墓地へ送られた場合に発動できる。
このターンに1度だけ、自分は罠カードを手札から発動できる。

ターン1付くかなとは思ってましたが、場から墓地いかないと使えないのはそこそこ縛ってきたって感じがします。今のところは使い道がわからないですねぇ。

 

レダメ!!!帰ってきましたよ!こちらもエラッタされてますね。

f:id:walp:20200322162855j:plain

《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》
効果モンスター
星10/闇属性/ドラゴン族/攻2800/守2400
このカード名の、(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、
(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードは自分フィールドの表側表示のドラゴン族モンスター1体を除外し、
手札から特殊召喚できる。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
自分の手札・墓地から「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」以外の
ドラゴン族モンスター1体を選んで特殊召喚する。

ターン1が付いたものの、効果自体は変わらないので良調整というべきでしょうか。しかし、エルピィが禁止になったのでデッキから持ってくる手段が減ったのも事実。何にせよ、またレダメ使えるのは嬉しい限りです。

 

ドラコネット君。君2枚になったんやね。

f:id:walp:20200322163001j:plain

エルピィが禁止になったため、1匹だけ解放されたんでしょうね。

1枚初動でボウテンコウを立てれるカードが増えたので、とても嬉しいですね(*`・ω・´)

 

継承の印。はて、なんで返ってきたのでしょうか……苦笑

f:id:walp:20200322163034j:plain

 

うらら。3枚とはまた環境に影響しそうですねぇ。展開系流行らせたいんですか?苦笑

f:id:walp:20200322163103j:plain

 

 

ユニコールの影霊衣。こちらも無制限。つまり、影霊衣がフルパワーになったということです!メガリスも宣告者の巫女という新規もらったり、儀式が熱いですね!

f:id:walp:20200322163123j:plain

 

 

次期環境予想

私見ですが、次の環境に上がってきそうなテーマはこんな感じかなっての書いていきます。

【オルフェゴール】【サンダードラゴン】【閃刀姫】【閃刀ドラグーン】【エンディミオン【転生炎獣】【オルターガイスト】【サブテラー】【召喚獣】【召喚エルドリッチ】【召喚ドラグーン】【ドラゴンリンク】【セフィラ】【3軸シンクロ】【恐竜】

 

 

書き出したらきりがなさそうなレベル…
規制食らってもまだまだ動けるレベルのデッキばかりですし、無傷な前環境デッキもあったので、まだまだ群雄割拠しそうです。

ペンデュラムとリンク以外はメインモンスターゾーンにssできるルール改定でどの程度他のデッキが出てくるか、楽しみですね(*'▽')

 

 

 

竜星への影響

さて、皆さん、またこの時がやってきました。

 

 いつもの、恒例の、三か月ぶりの、大変お待ちかねのやつです。

 

 

竜星の、お時間です。

 

 

 

 

 

「リミットレギュレーション発表!!!!」

 

え、今日?

流石に日曜日はダメだってKONA○Iさん(二回目)。

働き方改革大丈夫?←だいじょばん

 

 

………(リミットレギュレーション確認中)

 

 

 

 

神子イヴ…今までありがとう(涙)

天威竜星の誘発もらい要員が減ったか…

 

リリーサーぁぁぁあ!

は仕方ないとして。

 

ん?オルフェいうて生きてるのでは?(;・∀・)ワカンナイ

 

とか考えてたらマキュラやレダメが帰ってくるエラッタ祭り!(/・ω・)/

 

ルール変更前の抑制規制入ったな、大幅に。まあ、デビフラ、ライブラリアンとかトリシュは当然として、ABC可哀想じゃない?ドラバス1に格納庫1って…

 

 いや、うらら3枚使えんのか?え?これ先攻加速するのか???Gの行方は…

 

 

…?

ハリ生き残ったね。まだ竜星できるね。

 

 

 

 

環境、変わったようであまり変わらず???

 

 

 

 

 

てな感じのwalpでした(´・ω:;.:...

 

イヴさんの尊い犠牲以外は大したことはなかったです。イヴさん、どうか安らかに。

 

 

 

 と、言うわけで。

 

 

 はい、竜星には、

 

 

 

 

すこーし、影響ありました。

 

 

 

 

2020年4月からのルール改訂に伴う処理内容の変更

ええ、本当はリミレギュ変更のみで終わらせるつもりだったんですが、リミレギュ判明後にルール改訂に伴う処理内容の変更が発表されまして、、、。これによって竜星に影響が出たので併せて紹介しておきます。

全部で5つ変更がありましたので順に見ていきましょう。

 

 

デッキ、エクストラデッキに裏側で戻った場合のモンスター効果の発動

f:id:walp:20200322170627j:plain

はい、これ致命傷です。

竜星の強みとは、ハリファイバーや竜星モンスターによる相手ターンシンクロで、守備2800というお固いボウテンコウを出し、九支サーチや輝跡サーチで戦線を維持していくことでした。このボウテンコウさん、守備が固いことと、場から離れても必ず後続をリクルートすることから、たとえトロイメアのユニコーンさんにデッキバウンスされたとて、「竜星絶対出すマン」としてふんぞり返るほど、非常に場持ちに優れた存在でした。

 

でしたが、、、今回の処理変更に伴い、デッキ・EXデッキに戻す効果に対しては「場から離れた」と書いてあっても効果を発動できなくなったのです。

「デッキ・EXデッキに裏側で戻す処理の場合、テキスト確認ができないため」効果を発動できない、と覚えておくとわかりやすいでしょう。

ルール自体はシンプルでわかりやすく、とても良いことだと思います。

ボウテンコウ弱体化しましたが(´;ω;`)

 

 

 

効果の発動前に、発動する場所に存在しなくなったカードの効果の発動

f:id:walp:20200322170713j:plain

はい、こちらの変更も、ボウテンコウをやや弱体化させてます。

場にリフンとシュンゲイが存在し、裏で激流葬がセットされている状態に、相手モンスター召喚にチェーン1激流葬、チェーン2シュンゲイシンクロ召喚効果を使ったとします(実際こんなシチュないかもしれませんが一例です)。

処理に入り、ボウテンコウをシンクロ召喚、激流葬でお互いの場を更地にします。

従来処理ですと、この激流葬までの一連処理が終わった後に、ボウテンコウサーチ、ボウテンコウリクルート、リフン蘇生の3つがチェーン処理で行えたのですが、今回の変更から、ボウテンコウのサーチ効果は発動自体できないことになりました。

効果の発動を行うには、発動条件を満たした正規の場所に存在しないと発動自体ができない、と定められたのです。

今回のボウテンコウサーチ発動不可は、ボウテンコウサーチが本来発動する場所である「フィールド」から、チェーン処理の最中に「墓地」へ送られたことがポイントとなります。

上記のクリッターの例も一連のチェーン処理中に場から墓地へ送られ、墓地で発動すべきクリッターが効果処理時には除外ゾーンに移っていることからサーチが発動できなくなったのです。

 

「効果の発動前に、チェーン処理中に発動すべき場所から消えた場合には、発動自体が行えない」と覚えておきましょう。

 

ボウテンコウ、さらに弱体化しましたが(´;ω;`)

 

 

 

カードの効果を『発動するターン』に影響する、モンスターの召喚・特殊召喚

f:id:walp:20200322170924j:plain

こちらは竜星にはあまり影響しないでしょうが、ちょっとだけ説明を。

上記例を参考にしましょう。

「青き眼の乙女」を召喚しようとした際に、神の宣告で無効にされました。

従来ルールでは「召喚しようとした」行為だけで「この効果を発動するターン、自分は○○○モンスターしか特殊召喚できない」誓約を受けてしまいます。

 

\え、ワイ発動できへんの???/

f:id:walp:20200322174354j:plain

 

今回の変更からは、「召喚しようとした」行為ではなく、「召喚した」事実に基づいて「この効果を発動するターン、自分は○○○モンスターしか特殊召喚できない」効果を適用します。

「召喚が成功しない限り誓約が付かなくなった」と思えば大丈夫です。

 

 

 

1ターンに1度しか特殊召喚できない』モンスターの特殊召喚

f:id:walp:20200322171021j:plain

ボウテンコウ歓喜

ターン1しか特殊召喚できないモンスター筆頭のボウテンコウ(←ぉい)ですが、従来はそのシンクロ召喚に神の宣告等の召喚無効系を撃たれたら、そのターン二度と出てきませんでした。

ですが、今回の処理変更により、ひとつ上の処理変更と重なりますが、「召喚しようとした」行為ではなく、「召喚した」事実に基づいて召喚・特殊召喚の誓約を判定します。

上と同様に、「召喚・特殊召喚が成功しない限り誓約が付かなくなった」と思えば大丈夫です。

 

 

 

モンスターゾーンに特殊召喚される効果を持つ永続罠

f:id:walp:20200322171116j:plain

 これはわかりやすいですね。竜星では全く関係ありませんが、永続罠モンスターを発動した場合、従来は発動場所である魔法罠ゾーン及びメインモンスターゾーンが一箇所埋まっていましたが、今回の処理変更により、発動後は魔法罠ゾーンから完全にメインモンスターゾーンへと移動することになりました。魔法罠ゾーンを埋めずに済むというわけです。

これは特にエルドリッチに良い意味で影響が出る変更ですね。

ただし、王宮のお触れが適用中は罠モンスターの居場所はどうなるの?とかちょっとした不明点が出てきそうなので、ここは公式の見解を待つしかないですね。

まとめると、「永続罠モンスターの発動後は、魔法罠ゾーンからメインモンスターゾーンへと完全に移動するため、元の発動場所である魔法罠ゾーンには新たにカードを発動・セットできる」という感じです。 

 

 

※上記「ルール改訂に伴う処理内容の変更」画像は下記公式サイト様からの引用となります▼遊戯王公式サイトより

https://www.yugioh-card.com/japan/notice/revision/

 

 

 

 

【総評】

今回は、恒例の制限改定&マスタールール変更に伴う、処理変更に関する考察でした。

ルール変更に伴い、はじめの方は諸々処理ミスとか出そうですが、柔軟に真摯に対応していきたいですな。リミレギュも判明したことですし、デッキを組む意欲が湧くというものです(・ω・)


walp「イヴは尊い犠牲だった…」
ボ「今まで我の代わりに誘発を受けてくれて、、、感謝しているぞ…」
walp「さて、次回の記事だが…【魔救(アダマシア)】なんてどうだろうか?」
ボ「前々回そう言いつつ、前回は【メルフィー】だったよのう」
walp「あれはもはや事故みたいなもので…大丈夫、アダマシアは構築の型がほぼできているから。後は文字起こしするだけだよ」
ボ「どうせ運ゲーするのだろう、アダマシアの奇石!とか言いつつ掘り掘りしながら」

walp「運ではなく確定でパキケ立てるルートあるし、なんならお前も登場する」

ボ「!?…次回、【魔救(アダマシア)】のすゝめ。乞うご期待!!」

walp「…(こいつ、自分が出るとなった途端手のひら返しやがった…)」

f:id:walp:20170405232805j:plain

 
次回は、アダマシアの記事です。ボウテンコウも楽しみにしているみたいですよ。

それではしばし待たれよ|д゚)

 

 

 

↓アンケート実施中

 

 

ブログランキング参加しています。クリックを…( `・∀・´)ノヨロシク

プライバシーポリシー お問い合わせ