竜星のぼちぼち備忘録。

主に竜星の大会レポ・解説・デッキ紹介載せます。

【大会レポ】2017年6月24・25日公認・非公認大会

どうも皆さん。walpです。 

昨日、今日で【恐竜竜星】使って公認・非公認の大会出てきたので軽く雑記です。

  

 

 【大会結果】

<昨日1軒目:参加者8人>

vsチェーンバーン ○○ 勝ち

vs削り真竜 勝ち(戦績忘却)

vsWWメタル真竜Kozmo ○○ 勝ち(戦績合ってるはず)

結果:優勝

 

<昨日2軒目:参加者5人>

vs青眼 ○○ 勝ち

vs恐竜真竜皇十二 ×○○ 勝ち

結果:優勝

 

<今日1軒目:参加者4人>

vsWWトリックスター ○○ 勝ち

vs青眼 ○○ 勝ち

結果:優勝

 

<今日2軒目:参加者9人>

vs削り真竜(スイッチWW真竜) ○×○ 勝ち

vs青眼 ○○ 勝ち(戦績合ってるはず)

vs純真竜 ×× 負け

結果:準優勝

 

 【構築に関して】

先日、来期用のデッキ紹介記事を書きましたが、その中で触れたフォトスラ採用型を試してみました。といっても、恐竜ベースにおろ埋・ワンフォーワンを積んでフォトスラを突っ込んだのではなく、DD搭載型【恐竜竜星】に+フォトスラという感じです。これが思いのほか使えました。

f:id:walp:20170625231359j:plain

 

フォトン・スラッシャー>の採用メリット

前回記事では、「私はうまく使えるヴィジョンが見えなかったため不採用です。(´・ω・`)」的なことを書いていました。実際、フォトスラとおろ埋などのセットでの採用はうまく扱えなかったです。

そこで、今回は【恐竜竜星】に[DDハッピーセット]を入れ、さらにフォトスラを2枚入れてみることを試みました。

結果、

「え、とりあえず強くね?」

 うん、予想以上に強かったっす。。うさぎ採用率が減っている今、地獄門も素通りしちゃうし。フォトスラから入ることで、とりあえず邪魔なモンスターを殴って処理したのちに、地獄門あるいはミセラからボウテン立てれます。

また、フォトスラ→オヴィorシュンゲイorミセラと入ることでヴェルズビュートを作り、相手の布陣を無理矢理崩したうえで、その後の動きを通すことができます。

ちょっと特殊ケースでは、フォトスラ+オヴィからトリシュorチョウホウ作ったりもありました。

 

フォトスラ採用メリットは、以下の通りです。

①ランク4が立てやすくなる

②致命的な事故の確率を下げれる

③単騎でもそこそこの火力を誇る

④召喚権を残したままボウテンに繋げれる

 

フォトン・スラッシャー>の採用デメリット

逆にフォトスラのデメリットは以下の通りです。

①ボウテンが立っている状態で返しに引くと腐る

②他のモンスターを並べると殴れない(←これは仕方ないこと)

 

採用枚数は2枚が安定かな、と思いました(*´ω`*)

 

 【総評】

フォトスラの採用により、1枚で処理できる打点の幅が上がったので、以前にも増して柔軟な対応が取れるようになりました。

かといって積み過ぎは事故の元ですので、採用枚数は注意したいところですね。

また、DDもフォトスラも採用するとなると、バック・手札誘発が少なくなりますが、

その点はあまり気になりませんでした。

ただし、真竜相手が地味にきついので、サイドに生贄封じ入るかもしれません。

純真竜の誘発がエグイ

 

それでは短いですが、今回はこのあたりで(*'▽')

 

p.s.トリックスター記事投稿するする詐欺ばっかですまん。

 

ボ「フォトスラは単騎で切り込んだり、私の糧になったりと忙しいのう」

walp「これだけ恐竜竜星シェア率上がってくると、(ボウテンは)やっぱ牢獄行きだよな」

ボ「そんな…フォトスラが何をしたって言うんry」

walp「いやお前の話だよ」

ボ「!?」

f:id:walp:20170405232805j:plain

  

とりあえず戦利品のブリキンギョ貼っときます。

※これまでの大会獲得累積枚数です!

(手前3枚はエラーカード)

f:id:walp:20170625233253j:plain

 

それではしばし待たれよ|д゚)

 

 

↓アンケート実施中

 

ブログランキング参加しています。クリックを…( `・∀・´)ノヨロシク

【デッキ紹介】2017年7月からの恐竜竜星~拮抗した勝負をしようぜ!~

どうも皆さん。walpです。 

今回は、7月からも引き続き使用予定の【恐竜竜星】のご紹介です。

ドラD、マスPが制限だというのに、まだまだ【真竜】系統は動きますねぇ。

ゲイラ「知ってた」

f:id:walp:20170609220751j:plain

まあ、このぐらいじゃ死なないのはわかっていました。何せ基幹モンスターが1枚になっただけで、真竜自体のパワーはそんなに落ちていません。あいつらは引ければ動くのですから。確かにドラDは安定度を底上げしていましたが、カテゴリmixをしてしまえばあまり気になりません。

【恐竜】に至ってはテラフォ・ドラDの空いた枠に少しばかりの竜星・手札誘発・戦線復帰を入れて、以前よりもむしろ強力になっています。。。 

また、格納庫が1枚おかえりになられたことから【ABC】が再出没し、併せて【ABCメタル真竜】が出現してきました。これまた厄介な。。。

まあ、他のデッキが色々と構築を模索している中、【恐竜竜星】は無傷

ベースは死んでいないので、あとは今後の環境に向けて採用カードを取捨選択していくのみです。

  

 【デッキレシピ】

前置きはこのぐらいにして、デッキ紹介に移ります。

<メイン>

f:id:walp:20170622232354j:plain

 ※裏のカードは<拮抗勝負>です。まだ未発売です。

 

かる~く解説

恐竜のベースはそのままに。新たに[DDハッピーセット]を採用しました。

最近ちょくちょく見かけるワンフォーワン・おろ埋やフォトスラ・ゴブリンドバーグを入れる型ではなく、あえてこちらを選びました。

 

不採用理由

<ワン・フォー・ワン>

手札消費が大きい点。二枚使って一枚しか出せません。ここにうららを撃たれると(滅多にないでしょうが)、アド差が開きそのままゲームエンドの可能性すらあり得ます。

 

おろかな埋葬

基本的に落とすのはミセラ。墓地除外からアウロをssするのが主な役目です。しかし、おろ埋を使ったところで☆1を呼び出す手段は、結局のところミセラ。こいつにうらら撃たれたら、手札に引き込む確率を上げたところでうららケアにはならないのです。

 

フォトン・スラッシャー>

召喚ルール効果のss持ち☆4。これから入ると増Gで引かれる札は1枚なので、相手とのアド差は開きにくいです。しかし、ボウテンコウを立てるには手札消費数が2枚。またデッキに4枚しか入っていない☆1チューナーをそうそう素引きするわけもなく。。。

どちらかというと事故回避要員に近い存在。(逆に召喚できず事故ることもあるけど)

私はうまく使えるヴィジョンが見えなかったため不採用です。(´・ω・`)

ドロー運がある方は問題なく採用できるのでしょうね。。

 

<ゴブリンドバーグ

こいつも手札で腐った☆1チューナーをssしてボウテンコウを立てる事故回避要員。

フォトスラと違い、使用タイミングに制限はありませんが増Gをモロに食らいます。

こいつの効果を使ってssしても、オヴィはタイミングを逃さないので相性はよいでしょう。不採用理由は、やはり手札2枚消費ですかね。

 

安定感を求めるならこれらのカードを採用したいのですが、私が使うと手札消費が荒くなって、アド差で負けちゃうんです。プレイングの問題かもしれへんのぅ。(´◉◞౪◟◉)

DDでも事故は起こりますが、やはり手札1枚から展開できるというのは、それだけで採用理由となります。一番のポイントは、ミセラにうらら撃たれても地獄門から入ればほぼ確実にボウテンコウ立てれることですね。

 

手札誘発

増G、うららの計6枚のみ採用。

増Gは真竜が純真竜だけでは戦えないため、ABC、召喚獣、WWなどssが絡んだテーマを取り込んでいることから採用です。後述する<拮抗勝負>を引き込むためにもフル投入しました。

うららは、たまにいるトリスタのリンカネがつらすぎるので。。。あとはミラー戦のミセラですかね。ミラーだと文字通りボウテンコウゲーになるので。

 

バック除去

コズサイ3枚を採用。真竜が死んでいないこと、メタルが増えてきていることから墓地へ送らないコズサイを入れてます。羽根が入っていない理由は、来月発売パックに収録されている<拮抗勝負>の存在が大きいです。

羽根ほど自由度は高くありませんが、真竜・メタル相手にはオーバーパワーです。

後攻1ターン目で、メインすっ飛ばしてバトル入ったら相手の場は1枚しか残りません。

(※詳細は裁定待ちですが、テキスト的に問題ないかと)

この全体除去君がいるため、今回はミラフォを入れていません。どちらも一長一短ありますが、拮抗勝負に関しては使ってみたいというのが一番大きいです← 

 

<サイド・エクストラ>

f:id:walp:20170622232405j:plain

<サイド>

手札誘発は【恐竜】【竜星】【ABC】【真竜】を意識しました。

ブラホと羽根の枠は、検討中ですがとりあえず全体除去なので入れてます。ブラホに関しては、ドラバス飛ばせるのは優秀ですが、リリースしてABC分離→2アド稼ぎされるのがつらいですね。そのターンにある程度布陣引ければ問題ないですが。

サイクは、ツイツイでもいいのですが、手札を大事にしたい・拮抗勝負がバック除去も兼ねることからピンポイントでノーコスト破壊できるため採用です。

大欲は、主にさくら対策・ABC分離効果に撃つ用です。

障壁は、来期からは入れ得な気がするため採用です。使用感はまた後日にでも。

 

<エクストラ>

 ほぼ変わりませんが、特筆事項は<転生竜サンサーラ>・ライトニングセットですかね。サンサーラは、もしもボウテンがさくらされてしまった場合の保険です。

オヴィから入ったときにさくら撃たれた場合、サンサーラを出すことで相手に破壊されたらオヴィからアドを取りに行けます。

ライトニングは、クリスタル・マスPを倒しに行くためですね。ビュート不採用は、メイン・サイドに全体除去を増やしたからです。

 

【総評】

今回は来期からの【恐竜竜星】のデッキレシピ紹介でした。

規制を逃れたボウテンコウさんが踊り狂っているので、その動きに身を任せ駄文を書き連ねました。

 

ボ「くるしゅうない、くるしゅうないぞよ」

walp「あ、さくら撃たれたわ」

ボ「!?…(つらいよぉ、くるしいよぉ)」

f:id:walp:20170405232805j:plain

 

来期は間違いなく【恐竜竜星】のシェアが上がるとともに、「ボウテンコウさえ止めれば勝ち確だろ(さくら投げながら)」というYPが増えること必至なので、構築自体を敢えて【恐竜】寄りにしたり、罠ビ型にしたり、色々できそうですよね(*'▽')

 

次回は、トリックスターの新規が来たらトリックスターで。。。うん。。。

それではしばし待たれよ|д゚)

 

 

↓アンケート実施中!

 

ブログランキング参加しています。クリックを…( `・∀・´)ノヨロシク

【考察】7月新制限からの恐竜竜星

どうも皆さん。walpです。 

7月からのリミットレギュレーションがフラゲされましたね。

今回は改訂後の【恐竜竜星】について書いていきます。

 

 【7月からのリミットレギュレーション】

新たに追加されたカード群

 ○禁止カード
《十二獣ブルホーン

制限カード
《真竜剣皇マスターP》
《妖精伝姫ーシラユキ》
《ドラゴニックD》

準制限カード
《EMペンデュラム・マジシャン》
《黒き森のウィッチ》
《彼岸の悪鬼 スカラマリオン》
《レスキューキャット》
《異次元からの埋葬》
《命削りの宝札》
《儀式の準備》
《テラ・フォーミング》
《機殻の生贄》
《ブラック・ホール》
《ユニオン格納庫》
《揺れる眼差し》
《竜の渓谷》
《神の通告》

○制限解除カード
《カオス・ソルジャー ー開闢の使者ー》
《慧眼の魔術師》
《ゴヨウ・ガーディアン》
《終末の騎士》
《DDスワラル・スライム》
《爆竜剣士イグニスターP》
《氷結界の竜 ブリューナク》
《洗脳ーブレインコントロールー》

※朱書きは環境トップの座にいた【十二獣真竜】で採用されたいたカードです。

 

率直な私の意見ですが、「KONAMIさん、いい仕事しましたね」

ブルホーンの禁止は、致し方ないでしょうね。レベル縛りなしのターン制限なしサーチです。

ドラDもマスPも、まあ納得です。対象取らない手札場破壊からの同時処理サーチ。

ターン1フリチェ除去に耐性持ち。そりゃ規制されて当然。

そのほかはライロで活躍していたシラユキが1枚になりましたね。これは痛い!!

大分運要素が強くなったライロですが、ブリリアンフュージョン、期待してます。←

 

そのほかは、これまでの【彼岸】や【影霊衣】、【ABC】などの規制テーマを緩和、という方向のようです。ペンデュラム関係は、お察しです。

個人的には、《異次元からの埋葬》《ブラック・ホール》が2枚になったこと、《終末の騎士》が解除されたことに嫌な予感がしています。。。杞憂だといいのですが(´・ω・`)

 

竜星への影響

とりあえず、《竜星○○》という文字がなくて一安心。

ボウテンコウ以外かかるわけが 

ボウテンコウさんも逃れましたね。まあ、かけたとしても制限ぐらいじゃ正直意味がないので、かけられるとしたら禁止ですね。ですが、今期はボウテンよりもマスPが暴れていたので、スポットを浴びなかったというか(もちろんいい意味で)。。。

 

結論から言いますと、

【恐竜竜星】には全く影響がありません。

恐竜ストラク組には一切の制限がなく、ボウテンも野放しとなると、来期に期待できそうですね(*'▽')

ここいらで喜んでいるボウテンコウの顔でも出しときます。

 

ボ「ついに、私の天下が」

walp「まあ、暴れたら次の改訂でさすがに死ぬからな」

ボ「!?」

f:id:walp:20170405232805j:plain

 

細かいことを言うと、来期初期では仮想敵が定まらないため1パターンなボウテン九支しか能がないデッキになっちゃうのですが、返し性能&誘発と罠の積みやすさから、来期も安定して戦えそうです。

【ABC真竜】の動向が若干気になりますが、それは台頭してからのお話でしょう。

来期の【恐竜竜星】のデッキ構築自体は、ブロック代表戦で使用したものから、罠・誘発を微調整したもので落ち着くでしょう。

一応参考までに前回構築上げておきます。

 

メイン

f:id:walp:20170528215432j:plain

 

サイド・エクストラ

f:id:walp:20170528215650j:plain

 

メインからは醒めない悪夢、コズサイが抜けるでしょうね。

サイドからは操作、聖杯、マイスターが抜けそうです。

 

【総評】

今回は7月制限下での【恐竜竜星】のお話でした。

ボウテンコウがかからなくて喜んでいる竜星ユーザー&セフィラユーザーの皆さま、勝負はここからです。来期暴れたら間違いなくかかります。

ほどほどの活躍にとどめておきましょう←

最近竜星モチベが上がっているので、純型でも恐竜でも色々ジャンルを開拓していきたいですね(*'▽')

 

そういえばフラゲが来たからトリックスターの記事上げそびれたな。。。

 

それではしばし待たれよ|д゚)

 

 

↓アンケート実施中

 

ブログランキング参加しています。クリックを…( `・∀・´)ノヨロシク

【デッキ紹介・考察】純型竜星~初心大事~

どうも皆さん。walpです。 

今回は原点回帰ということで、【純竜星】のご紹介です。

初心に返り、カテゴリミックスなしの純型竜星を構築しました。

 【デッキレシピ】

メイン

f:id:walp:20170612224410j:plain

※エクストラは今回は割愛です。お好みの竜星を入れてあげてください。

 

御覧の通り、モンスターは竜星と手札誘発、そしてバルブというささやかなスパイスで仕上げました。

魔法は汎用と蘇生系、チューナー呼び出し用のおろ埋・ワンフォーワンを採用です。

罠はほぼ竜星ベースに蘇生系、神罠突っ込んだ形です。

 

竜星罠紹介

 こいつらが割と暴力的です。

 

<竜星の凶暴化>

f:id:walp:20170612230930j:plain

ダメステのみ発動可の通常罠と、条件は限定されますが、効果はかなり優秀。竜星の攻守を倍にし、ダメステ終了時に破壊するというもの。相手のカウンターを狙いながらかつリクルートができます。ダメステ中ですので、相手に妨害されることはありません。

シュンゲイに使うと打点3800という化け物になります。やばし。

 

<竜星の具象化>

f:id:walp:20170514234300j:plain

すでにご存じでしょうが、自軍のモンスがやられたらデッキから竜星をリクルートするカードです。

どんなモンスターが破壊されても竜星をリクルできるのはかなり強いです。

ショウフクやガイザーの効果や、凶暴化・九支の破壊をトリガーとして発動することも可能です。基本は竜星モンスと具象化で何かしらシンクロできます。

 

<竜星の九支>

f:id:walp:20170410232225j:plain

説明不要なので割愛。ただただ強いですが、ボウテンコウ以外の竜星モンスを破壊するときには注意。チェーン3以降でこいつを使うと、竜星はタイミングを逃しちゃいます。基本は相手の発動(チェーン1)に直接チェーンしましょう。

 

 

【考察】

もちろん、ボウテンコウは出しますが、依存はしません。

ボ「!?」

f:id:walp:20170405232805j:plain

確かにボウテンコウを出せばアドは取れますが、それをベースに戦わずとも中堅レベルの力はありますので。

割と3100ガイザーとか、3300チョウホウとか強いんですよ笑

 

竜星の目玉はなんといっても共通効果のリクルート。単純な1:1交換ですので、やられても後続が湧きます。墓地にリフンがいればアドが取れる仕組みです。

戦闘だけでなく、破壊にも対応しているところがいいですね。 そのせいでメタルに悪用されたり恐竜に悪用されたりですが苦笑

純型の場合、速度は落ちますが安定して後続を確保できます。【恐竜竜星】では☆1・☆4の組み合わせでしかボウテンコウを出せませんが、純型では次のような組み合わせが可能です。

・ジョクト(☆2)+ヘイカン(☆3)

・緊テレうさぎ(☆3)+ビシキ(☆2)

 

地味ですが、色々なレベルが揃えれられることはとても大切です。ある程度事故っていても手札誘発とビシキでとりあえず後続を確保できます。

 

また、相手ターンのシンクロも竜星の強みです。相手のメインorバトルフェイズという緩い条件でシンクロを行えます。素材は竜星モンスター限定ですが、純型ではほぼ関係ありません。相手ターンでのその場しのぎ具象化からのシンクロムーブがとにかく気持ちよいです。

注意事項さえしっかり押さえておけば、竜星は可能性の塊だと思えるようになります。

 

【総評】

今回は【純竜星】の紹介でした。具体的な動きは載せませんでしたが、これまでの竜星記事であらかた書いてきましたので、そんなに載せることはありません笑

取り立てるならば、やはり相手の不意をつく相手ターンシンクロ、ふとカウンターを食らう<竜星の凶暴化>でしょうね。相手は九支ばかりを警戒していたら、謎の打点upで屠られる、なんてことになっちゃいます。

<竜星の極み>も採用してみたくはありますが、それはまたの機会ですね。

やはり、竜星ユーザーとしては各種竜星で戦えることが、使っていてとても楽しいです。【恐竜竜星】のような、強さを求めた楽しさとは別の楽しさがあります。

皆さんも純型を試してみてはいかがでしょうか?(*'▽')

 

次回はトリックスターでも投稿しましょうかね。

それではしばし待たれよ|д゚)

 

 

 

ブログランキング参加しています。クリックを…( `・∀・´)ノヨロシク

 

【デッキ紹介・考察】ABC召喚獣withデューザ殿~ゲイラガイル、君は今、、、~

どうも皆さん。walpです。 

今回は、前回投稿した【ABC方界】のブラッシュアップ版のご紹介です。

前回投稿したレシピに根本的なルールミスがあったなんて言えねぇ。。。

 

 

※ご注意※

今回ご紹介するデッキは、最早【方界】ではありません。

デューザ殿だけに活躍してもらう、所謂出張パーツとしての登場になります。

【デューザ殿】派の皆様方にはご納得いただける内容だと思いますので、ぜひ最後までお読みいただければと思います。

 

 

 

 【デッキレシピ】

こちらが今回ご紹介するデッキ、【ABC召喚獣withデューザ殿】になります。なげぇ。

 

メイン

f:id:walp:20170609214624j:plain

 

 ↓採用理由等は前回の記事をご参考いただければ。↓

walpyugioh.hatenablog.com

 

では、前回と異なる点をかいつまんで説明です。

 

召喚獣採用

黒魔術を駆使するアレイスターさんにお越しいただきました。

アレイスターを投入すると、安定性が増し手札も減らずドラバスの手札コストを調達できて噛み合いがよいのですよ(*'▽')

後述する展開ルートに使えるのが一番の魅力ですがね。

walpが召喚獣大好きってのも採用理由だったりします。←

、、、すんませんアレイスターの魔力(安定性)に屈しました(´◉◞౪◟◉)

 

…ゲイラガイルはいずこ?

「本デッキはデューザの展開ベースにABCを突っ込んだ形」でした。

 もちろん、デューザ殿とゲイラガイル二枚を使用してデコードトーカー立てたりとかしてました。ええ、強かったですとも。ゲイラガイルが腐るまでは。

 まあ、わかっていたことです笑

純方界のように1killしにいくわけではないですし、基本先攻取るので手札の絶対量が違いますし。しばらく回し続けた結果、ゲイラガイルはドラバスの餌になることがほとんどだったため、また初手腐りが多かったため泣く泣く空に放ちました。。

 

walp「すまんな…」

ゲイラ「(知ってた)」

f:id:walp:20170609220751j:plain

ゲイラが抜けたので、副葬・業のコンビもデューザ殿を持ってくるだけという役割では、初手被り・後半戦の弱さに繋がりますので全抜きに落ち着きました。

デューザ殿には自力で手札に来てもらいます。

一枚でも引ければよい、他にもルートがある、という観点からデューザ殿にはここぞというときに活躍してもらうスタンスです(`・ω・´)

 

こけコッコたん

三匹の獣「こいつは、暴れる予感がするぜ。。。」

こけコッコ「…(あんたら、喋るんだね)」

f:id:walp:20170609221449j:plain

ご存じの方も多いはず。EMEm期に地味ィに投入されてましたね。

先攻で☆7シンクロでエンフェ作ったり、後攻で☆8シンクロでイグニスターP立てに行ってた例のにわとりさんです。

今回も、漏れなくエンフェ立てにいきます←

展開ルートになくてはならないので3積み安定でした。

 

金銀ガジェ・ABCの減少

 一言で言いますと、各ABCはユニオンモンスターの解釈ミスにより3積みしていました。←

ABC全盛期には、出てきたドラバスを処理することだけに目がいってて、こいつら単体に注目していなかったんすよ、反省(´・ω・`)

ユニオンモンスターの共通装備効果は、場で発動する起動効果です。

皆さんは大丈夫だと思いますが、walpみたいに勘違いのなきよう。

また、前回記事の誤った展開ルートで誤解を招きましてごめんなさいm(__)m

(約6時間しか公開してないけど)

 

というわけで、「手札から装備できないのではデューザ殿を武装できねぇ!」「どうせユニオン格納庫でサーチすればなんとかなるからフル投入は過剰じゃね?」ということで2枚ずつにしました。

したがってABCの減少・機械族以外のモンスター採用により、金銀ガジェは計3枚まで姿を消しました。打点の高い金だけにしようかと思いましたが、何もできない状況下での銀リクルートは強みかな、と思い銀をピン挿しです。

 

手札誘発

金銀ガジェの採用減少により、ツクヨミを出せる機会が少なくなりました。

それにより、手札誘発を入れていても噛み合いが悪くなることがなくなったので、うららを2枚入れました。

 

エクストラ

 f:id:walp:20170609214613j:plain

 

前回と根幹は一緒ですが、ランク4はリンクモンスター・ABC・デューザ殿回収用のエメラル、ABC御用達のツクヨミだけを厳選し、残りの枠は召喚獣に回しました。

リンクは、プロキシー2、デコード1で安定です。欲を言えばデコードの2枚目を突っ込みたいですが、枠が厳しい。。。

トポロジックは出たら強いのですが、そううまくマーカー先に自軍モンスターを置けなかったので抜きました。バーンだけでも十分強いのですが、それなら他に入れたいカードがありました(召喚獣とか)。

 

 

【展開ルート】

①アレイスタールート~ドラバス、デコード、メルカバ

手札:暴走魔法陣(テラフォ)、こけコッコ、ABC1枚

f:id:walp:20170609225637j:plain

 

結果:場 ドラバス、デコード、メルカバー、格納庫

   手札 4枚(ABC1枚、アレイスター1枚、他初手2枚)

f:id:walp:20170609225627j:plain 

魔法陣ef、アレイスターサーチ→こけコッコss、アレイスターns、ef魔術サーチ

→コッコとアレイスターで☆7シンクロ、エンシェントフェアリーss

→エンフェef魔法陣破壊して1000回復、デッキから格納庫サーチ

→格納庫efBorCサーチ、エンフェef手札からBorCss

→格納庫efBorCにCorB装備(BにはCを、CにはBを装備)

→ユニオンとエンフェでリンク、プロキシーss

→チェーン1Cチェーン2B、Aサーチ、Ass

→プロキシーとAでリンク、デコードss

→魔術発動、墓地のアレイスターとエンフェ除外してメルカバーss

→墓地のA、B、C除外してドラバスss

 

初手3枚で動けるので十分実用性があるルートです。

メルカバーがいれば基本相手の動き1回は止めれますし、ドラバスでマストカウンターを突けば、確実に返しで制圧できます。

 

②デューザ殿ルート~ドラバス、デコード、ツクヨミ、ガンダイル~

手札:デューザ殿、場魔法何でも、こけコッコ、金(銀)ガジェ

f:id:walp:20170609224247j:plain

 

結果:場 ドラバス、デコード、ツクヨミ、ガンダイル、格納庫

   手札 ツクヨミドローによる2枚

 

コッコss、金ガジェns、efデューザass、ef合神a落とし

→コッコとデューザaで☆7シンクロ、エンシェントフェアリーss

→チェーン1合神a、デューザbss、ef合神b落とし

→場魔法発動、何かする

→エンフェef場魔法破壊して1000回復、デッキから格納庫サーチ

→格納庫efCサーチ、エンフェef手札からCss

→格納庫efCにB装備→デューザbとエンフェでリンク、プロキシーss

→チェーン1合神b、デューザcss、ef合神c落とし

→プロキシーとデューザcでリンク、デコードss

→チェーン1合神c、ガンダイルss→金ガジェとCでエクシーズ、ツクヨミss

→装備のBが外れef、Aサーチ→ツクヨミef(Cコスト)、2ドロー

→墓地のA、B、C除外してドラバスss

 

消費は多いですが、ブラホでも撃たれない限り返しのターンでアド稼ぎまくるルートです。ガンダイルは破壊されてもデューザ殿3体蘇生ですし、デコードで対象取る除去から守れるし、ツクヨミが残ったらまたドローできるし。割と固いです。

 

どちらのルートもコッコに依存はしてますが、必ずしも上記展開をする必要はありません。(通常のABC展開してもいいですし。とりあえずメルカバー立ててもデューザ殿ループでもいいし。)

手数が増えたことにより、単純に攻めてが増えました。いいことですね。

融合、シンクロ、エクシーズ、リンク。これらの召喚法を扱えるのも楽しいです。

 

 

【総評】

今回はユニオンのルールに抵触しないように組みました|д゚)ガクブル

大丈夫だと思いますが、ミスがあったら皆さん生暖かくご指摘をお願いします←

来期の環境次第ではありますが、そこそこ戦えます。

バック除去が乏しいので、ツイツイとか入れればいい感じですかね。

和睦はミラフォとかでも全然いいですし、自由枠に近い扱いです。

相性は悪くないのでなかなか抜きづらいです笑

また、たまにドラバスが4000打点(アレイスター)になって面白いです。

 

今ならどのパーツもお安いので、興味が湧いた方はぜひ組んでみてはいかがでしょうか?(*'▽')

 

そして、デューザ殿の「よみがぁあえぇえれぇえ!!!」を体験してみましょう!

(それ純方界でやればいいんじゃ)

 

ゲイラ「解せぬ」

f:id:walp:20170609220751j:plain

 

(うっ、竜星を触っていない禁断症状が。。。)

 

それではしばし待たれよ|д゚)

 

  

ブログランキング参加しています。クリックを…( `・∀・´)ノヨロシク

【デッキ紹介・考察】ABC方界の可能性~デューザって、強いよね。。。~

どうも皆さん。walpです。 

今回は以前から組んでいたデッキ、【方界】の一風変わったレシピをご紹介します。

(あれ、竜星は?というツッコミは聞かなかったことにします(*´ω`*))

 

※ご注意※

今回ご紹介する【方界】は、純型ではありません。したがって方界をこよなく愛する方界YPの皆様方は、場合によっては気分を害されるかもしれません。。。

「純型以外方界とは認めないんじゃぁ」「醜くも美しくもない方界なんて方界とは呼べねぇ」という方は、そっと閉じられてください。(´・ω・`)

代わりに、【デューザ至上主義】者の皆様方には非常に喜んでいただける内容だと思いますので、ぜひ最後までお読みいただければと思います。

walpは豆腐メンタルなのでどうか生暖かい目で御覧いただければ

 

 【デッキレシピ】

 

こちらが今回ご紹介するデッキ、【ABC方界】になります。

 

メイン

 f:id:walp:20170607221852j:plain

 

 

多くの方が疑問に思うことでしょう。「ABCとはどういうことじゃ?」

当然ですよね。方界にABCだなんて考えられません。

ですが、デューザにスポットを当ててみるとどうか?

 

 f:id:walp:20170607221927j:plain

光属性、機械族、☆4。。。このステータス、何かを思い出しませんか?

 

そう、ABCですね。

 

 f:id:walp:20170607221939j:plain

f:id:walp:20170607221936j:plainf:id:walp:20170607221945j:plain

ABCはそれぞれ共通効果により、場の光属性・機械族モンスターに装備したり、解除してssしたりできます。

また、装備されているモンスターが破壊される場合に強制身代わりとなります。

さらに、それぞれの固有効果により、装備モンスターに魔法・罠・モンスター効果耐性を付与することができます。

本デッキは、「デューザを武装して相手を殴る」がコンセプトとなっております。

デューザに各種耐性を付け、殴る時にパンプして、やられたらABCの効果と墓地の合神効果で後続を持ってくる。

これがなかなか楽しく、ハマるとヤミツキになります。

 

デッキ構成

デューザの展開ベースにABCを突っ込んだ形です。

一見すると、ABCベースで方界要素を組み込んでいるように見えますが、基本はデューザ展開から動きます。

 

採用方界

 デューザ3枚、合神3枚は言わずもがなです。

業は副葬・ドラバスで手札から切ってサーチするように2枚(3枚は手札事故が上がります)、波動はデューザ合神展開からガンダイルssして自爆特攻からサーチするだけなので1枚、ゲイラガイルはデューザ+ゲイラガイルでリンクモンスター出せるため安定用に2枚。副葬は初手にデューザ握りたいので2枚(業と同数)採用です。

 

和睦の使者

初手にデューザ握れなかったり、プロキシー棒立ちした場合などにダメージ0かつモンスター温存できるためフル投入です。また、ツクヨミを守って返しでもう一度効果使うと非常においしいです。

本デッキでは、デューザの打点、耐性、ドラバスによる制圧が可能なため汎用罠は削る方向となりました。

 

手札誘発

当初はうらら3積んでいましたが、初手に誘発を引きすぎるとツクヨミの効果がなんとなくもったいない・デューザの打点上げようにも自由に手札から捨てれない、という理由から抜きました。

増Gならば能動的に手札から捨てれますので、相手モンスター攻撃宣言時に増G捨てて返り討ち、なんてこともできます。

 

エクストラ

 f:id:walp:20170607221904j:plain

 

ランク4には汎用と、デューザ展開でよく使っていたギアギガント、ABC御用達のツクヨミを採用しました。

ドラバス3は言うまでもないですね。

リンクモンスターは、まだ練り段階ですがプロキシー2、デコード1は確定です。

トポロジックは合神デューザとの相性が最高です。相手の場だけぶっぱできます。

ファイアウォールもプロキシーの横に並びますが、使用頻度は低めですね。

無理矢理回すときにEXゾーンに立ってます笑

 

 ※展開ルートを載せていましたが、一部誤りがありましたので、ルートを洗練してから載せ直します(`・ω・´)

 

 

【総評】

今回は、デューザにスポットを当てた新しい方界をご紹介しました。

方界とか言いながらデューザ大好きなだけやん 

デューザにABCを装備できることから、「これ地味にシナジーあるんじゃね?」と思い至ったのがすべての始まりでした。

フリー用に組んでみたつもりが、どうもガチ臭い動きができるぞ。。。ということで少し構築を練ってみました。まだまだ未成熟なので、回せば回すほど色んなルート・コンボが見えてくるでしょう。

動きに間違い(ルールミス)などがなければ来期はこういうデッキも使っていく予定です。クリノヴァを使わずに、デューザの過労死(&ドラバスというシステムモンスター)で戦う、なかなかに面白いですよ。

 

ちなみに、クリノヴァを採用しなかった理由はツクヨミとの兼ね合いが悪すぎるからでした。最低4枚握っていないと降臨しないクリノヴァに対して、事故回避のためにツクヨミしたら手札減っちゃうので本末転倒なのです(´・ω・`)

 

次回もこれぐらいのペースで上げていきます(*'▽')

(純竜星でも投稿しようかな。。。)

 

それではしばし待たれよ|д゚)

 

 

ブログランキング参加しています。クリックを…( `・∀・´)ノヨロシク

【デッキ紹介・大会レポ】2017/5/28 ブロック代表決定戦

どうも皆さん。walpです。 

昨日参加したブロック代表決定戦のレポとデッキ紹介を行います。

 【デッキレシピ】

こちらが今回使用したデッキ【恐竜竜星】になります。

 

メイン

f:id:walp:20170528215432j:plain

 

前回と多少の違いはあれど、ギミックは変わらずです。

詳しくはコチラ↓

walpyugioh.hatenablog.com

 

手札誘発

サイドにいた<灰流うらら>をメイン3に、<スカル・マイスター>2をサイドに引きました。引いた理由として、恐竜対策としてはマストですが、真竜対策としては後攻時自分の札を守ることにしか使えないこと・十二真竜が増えているのでメインの真竜魔法罠が純型・削り型よりやや少ないことが挙がります。

 

バック除去

十二真竜が増えたことにより、相手方の魔法罠アドバンス・除去が多くなったため<コズミック・サイクロン>を1枚追加採用しました。ライフコストは気にしたら負けです。

<醒めない悪夢>も同様の理由で入れました。コズサイでは相手のドラD被りを止めれませんが、悪夢なら止めれるのでメイン2採用です。

 

全体除去

 サイド枠と悩みましたが、メインから邪魔な十二をどけるのには持ってこい、後攻で引いても神罠より捲り性能が高いため、<聖なるバリアーミラーフォースー>を2枚採用しました。

 

蘇生罠

 ボウテンコウを蘇生することが直接的なアドにつながる竜星デッキでは、蘇生札を豊富に入れる方が安定します。<戦線復帰>の採用理由は、除去系に妨害されにくい点ですね。リビデは打点として、幻泉はショウフクアクセスとそれぞれ魅力はありますが、安定を重視して戦線復帰にしました。

 

竜星罠

 九支を2枚にして、代わりに具象化を挿しました。九支3枚は竜星がいない場合の事故につながること、具象化の場合はその事故をケアできることからこの比率です。

 

 

サイド・エクストラ

f:id:walp:20170528215650j:plain

 

誘発のモンスターは恐竜真竜皇を、ドゴランはマスP、クリスタルを意識してます。

聖杯・精神操作・ブラホは十二を見てます。残った枠は汎用ですね。神罠は先攻時に入れてました。

 

エクストラはほぼテンプレです。精神操作が入っている分リンクに枠を割いています。デコードはメインの具象化の兼ね合いから割と出しやすいです。

ハストール、アメトリクスなどはリンクに枠を割いたので不採用です。

 

 

【大会レポ】

[0回戦 不戦勝]

まさかの人数調整で0回戦がありました。焦りました。。。

 

[1回戦vs恐竜真竜皇] ×○×

一本目は先攻取られ、こちら先攻札かつ誘発うらら1枚のみで、相手の化石調査にうらら後、オヴィを出されドラDからいつものトリシュVFDで負け。

 

二本目は先攻もらうもミセラ、ソルチャ、うらら、ミラフォ、悪夢という事故ハン。とりあえず悪夢セットエンド。

後攻のお相手、調査からベビケラ持ってきてドラD。効果に対し悪夢を撃ち沈黙。

1枚セットエンド。

返しに蘇生を引き、なんとも言えないのでとりあえずミセラで殴ってエンド。

ミラフォしたりうさぎしたりなんやりでジリ貧になってきたので、うらら召喚からミセラとガイザー作ってバック割り、デッキからリフンss後、ソルチャからミセラ、ガイザー、うさぎ出してミセラリフンでボウテンコウ出すも聖杯当てられ九支構えれず。ボウテンコストでシュンゲイ落として蘇生からシュンゲイボウテンでチョウホウ立て。

ここまでやってターン返し相手サレ。

 

三本目は相手先攻で調査でベビケラサーチ、テラフォでドラDサーチ。こちら初手が増G、うらら、マイスター。他は動ける札なし。ドラD効果後のベビケラに増G当ててけん制。しかし、何を血迷ったかその後のオヴィ召喚効果にうららを当ててしまう。

ここで当てなければ相手が多少動いて手札潤ったはず。。。

増G適用中にアド損行為をするというプレミでそのままターン返され、何も動けないままエンド。マイスター1体じゃどうにもできずプラズニル出されてジリ貧で負け。

 

 

【総評】

デッキ構築は正直強かったのですが、いかんせん3戦目の誘発プレミが響きました。

今回は1落ちという結果に終わりましたが、初めてまともに取り組んだ店舗代表選で権利勝ち取り、ブロックに進めただけでも十分すぎる結果でした。

この経験を生かしてまた修練積んでいきます!(*'▽')

応援していただいた皆様、ありがとうございました!!

 

p.s.

今仮組みした【new方界】が思いのほか強く、かなり満足できる構築です。

もう少し練ったらご紹介します。

また、今後もファンにもガチにもなる竜星デッキを引き続きご紹介していきます。

トリックスター、セフィラ、RRもやっていくので、投稿した際には是非御覧ください。(*´ω`*)

 

それではしばし待たれよ|д゚)

 

 

ブログランキング参加しています。クリックを…( `・∀・´)ノヨロシク