竜星のぼちぼち備忘録。

主に竜星の大会レポ・解説・デッキ紹介載せます。

【デッキ紹介・大会レポ】オルターガイスト~2018/1/20.21 公認大会~

どうも皆さん、walpです。
1月ももう終わりが近付いてきました。月日が経つのは早いものですね。
遊戯王はと言えば、先週新しいパックが発売されましたね。
トロイメアやエレメントセイバーなど、新テーマが登場したかと思えば、予期せぬタイミングで強化をもらったテーマ もあります。
今回は、その予期せぬ強化をもらったテーマである【オルターガイスト】第二弾の投稿です。
【竜星】の記事は、もうちょっとwalpのモチベが上がるまで待ってね(*ノωノ)

 【デッキレシピ】

こちらが今回使用したデッキ【オルターガイスト】になります。

 

メイン 

f:id:walp:20180121212552j:plain

概要

今回使用した【オルターガイスト】のコンセプトは、「マルチフェイカーで相手をとことん妨害しよう!」です。新規のマルチフェイカーが優秀すぎるためコンセプトそのものがマルチフェイカーです←

f:id:walp:20180121232214p:plain



オルターガイストカード
メインのオルターガイストモンスターですが、シルキタスはマルチフェイカーの登場により相手ターンに安定して持って来れるため2枚、初動で死に札になるクンティエリは1枚に抑えました。残りはフルです。罠はマテリアリゼーションを2、プロトコルを3、スプーフィングを2枚にしています。マテリアリは初手でオルガがいない状態で複数枚引いても事故となるので2枚、プロトコルは存在自体がマルチフェイカーの誘発ケアかつ単体で効果のトリガーとなるのでフル、スプーフィングはマルチフェイカーを安定して引き込むために2枚です。

 

手札誘発

安定のうらら3、増G3、うさぎ3に加えさくら1、無限泡影2です。うさぎは1枚さくらに変えてもいいです。無限は積み過ぎは腐る可能性があるため2に抑えています。相手先攻で無限とフェイカーがあるとお祭りできます(*'▽')
 

その他採用カード
  1. ドローソース
    強欲で謙虚な壺を3枚積んでみましたが、やはりダブりが気持ちよくないですね。2枚にします。強貪も1枚入れてみたくはありますが、使いどころを気を付けないとオルガがほぼ死滅してしまいます。

  2. 展開要員
    制限のゴウフウを1枚入れてみました。素通りすれば十分強いですが、やはり増Gが痛い。このデッキあまり増Gを食らわないので、自ら的を作りに行くだけに思えたため、今後は抜く可能性大です。ちなみに、使えた時はハリファイバー出したりスカルデットで手札入れ替えしてました。

  3. 神の通告
    通告は主にペンデュラムを見るために採用でした。プロトコルでモンスター効果は一回妨害できますが、それでも足りないときがあるのでやはりあった方がいいですね、腐ることがそうないですし、バックに厚みが出ます。
 

サイド・エクストラ

f:id:walp:20180121212613j:plain

 <サイド>
サイドは割と満足した形になっています。今回は先攻プランのサイチェンを一度も行っていないので魔封じや障壁は役立ちませんでしたが、後攻プランの拮抗、ティアマトン、ブラホは強いですね。特にオルガはブラホで相手モンスターと一緒に巻き込んでも多くの場合はアドが取れるので他のデッキより撃ちやすさを感じました。必須は拮抗勝負ぐらいですかね?
 <エクストラ>
スカルデットとワンマジが抜けるかもしれません。その枠にはさくら用のエレクトラムやベアトを入れればおけいでしょう。プライムバンシーは一見使わなくてもいいように見えますが、マルチフェイカー展開ではオルガ以外ssできないためバンシーをリンクではさむことにより、手札が1枚増えるので入れ得です。
 

【展開パターン】

それでは簡単な展開パターンを載せます。

初手2枚

 マリオネッター+マルチフェイカー
マリオネッターns、efデッキからプロトコルセットエンド
→相手ターンでプロトコルef(open)、処理後フェイカーef、手札からss、efデッキからシルキタスss
→シルキefコストでマリオ手札へ戻して相手カードバウンス(妨害1)
プロトコルefコストでフェイカー墓地送ってモンス無効(妨害2)
→返しのターン、右エクストラゾーン下にマリオns、efデッキからマテリアリAセット
→マリオefプロトコル墓地へ送ってフェイカーss、efデッキから左エクストラゾーン下へメリュシークss、フェイカーとシルキで右エクストラゾーンにヘクスティアss
→墓地シルキefプロトコル回収、一度バトル挟んでメイン2でヘクスティアとマリオネッターで左エクストラゾーンにプライムバンシーss
→墓地ヘクスティアef、デッキからマテリアリBサーチ、プライムバンシーefコストメリュシーク墓地送ってデッキからバンシー右下へシルキタスss
→墓地メリュシークefデッキからフェイカーサーチ
→マテリアリB、プロトコルセットエンド
→相手ターンスタンバイでマテリアリAef、バンシー下にヘクスティアss
 
<結果> 
場:プライムバンシー(ef未使用)+ヘクスティア(ef未使用)+シルキタス(ef未使用)+マテリアリB(ef未使用)+プロトコル(ef未使用)
手札:マルチフェイカー+未公開4枚

マルチフェイカーの革命により、オルガの展開が相手ターンでぽんぽん行えるようになりました、しかも妨害付き。(・ω・)

 

【オルガのワンポイント】

  •  基本布陣はヘクスティア+α
    ヘクスティアさえ出てしまえば、手軽に魔法罠を無効にできるため制圧が容易です。また、永続効果の打点アップも強い味方ですね。お気に入りの制圧パターンは、ヘクスティアヘクスティアマリオネッターです。これで3100+3000+1600で7700削れます。その後は妨害し続ければ詰みです。

  • 拮抗勝負・無限泡影からフェイカー
    相手の先攻時でも無限+フェイカーで無限とシルキの2妨害が行えます。
    後続を考えるならシルキの代わりにメリュシークでもいいですね、とにかく妨害しながら展開できることが強いです(・ω・)
    また、サイチェン後の後攻から拮抗投げて、フェイカー出す動きも強いですね。召喚権残してオルガ2体呼べます。

  • スプーフィングからフェイカーコンボ
    セット状態のスプーフィングからフェイカーをサーチすることで、フェイカーのss条件を満たし展開を行うことができます。オルガは特殊裁定が多いので、初めの頃はプレイング要注意です。
    ちなみに、相手の攻撃時にクンティエリで一度止めて、スプーフィングでクンティエリ戻して再度クンティエリを持ってきて攻撃を止める、なんてこともできます|д゚)

  • マテリアリ+シルキ
    シルキが場にいる状態でマテリアリef、チェーン2でシルキefコストでマテリアリを戻すことで、マテリアリで蘇生したオルガは完全蘇生となります。これにより、マテリアリが破壊されて装備モンスターも一緒に墓地へ行くこともなくなりますね。

 

【大会レポ】

1月20日 非公認大会参加者:7人
[1回戦 不戦勝] 
[2回戦vs青眼] ○○- 2-0
[3回戦vsサブテラー] ×○○ 2-1

結果:優勝 

1月21日 公認大会参加者:12人
[1回戦vs列車] ○○- 2-0 
[2回戦vs機界騎士] ○○- 2-0
[3回戦vsフォトン] ○○- 2-0
[4回戦vs彼岸] ○○- 2-0

結果:優勝 

 
きつい試合がちょこちょこありましたが、強謙被りや誘発引き過ぎぐらいの事故でした。この結果を踏まえてもうちょいいじります(*´ω`)

【総評】

今回は、展開力が大幅に上がったことにより環境も目指せるようになった【オルターガイスト】の紹介でした。
プロトコルとヘクスティア、マルチフェイカーが強いので、皆さんもオルターガイスト、組んでみてはいかがでしょうか(*'▽')

 

ボ「マルチフェイカーやばいやん」
walp「お前よりはましよ?」
ボ「そりゃあ私に敵うわけ…(ドヤ」
walp「あ、そういやセフィラで、ハリファイバー君がお前を引き連れてくる動きが気持ち悪いぐらい強いって悪評やで。規制やな」
ボ「!? ちょ、ま(ry」
f:id:walp:20170405232805j:plain

次回は、モチベ上がってれば竜星書きます。。。(´◉◞౪◟◉)

それではしばし待たれよ|д゚)

  

 

↓アンケート実施中

 

ブログランキング参加しています。クリックを…( `・∀・´)ノヨロシク