竜星のぼちぼち備忘録。

主に竜星の大会レポ・解説・デッキ紹介載せます。

【デッキ紹介・大会レポ】彼岸~2017/12/24 TCS11~

どうも皆さん。walpです。 

日曜日に参加したTetsuさん主催のTCS11の大会レポとデッキ紹介を行います。

 【デッキレシピ】

こちらが今回使用したデッキ【彼岸】になります。

 

メイン

f:id:walp:20171226233633j:plain

 

概要

今回使用した【彼岸】のコンセプトは、「安定した動きを求めつつ他とは違う構築を」です。
昨今流行っている彼岸には、罠を多少積んで彼岸多めにした①彼岸(純型)と、下準備を搭載し、うららをグラバーから散らしつつ隙あらばリリーサーヘルレイカーを立てる②儀式彼岸、リリーソラスに特化した③影霊衣彼岸、安定した罠供給とブレイクソード・豊富な墓地リソースからの☆3の充実した調達が売りの④幻影彼岸など数多く挙げられます。

今回は、あらゆる場面でも柔軟に対応でき安定力がある①の純彼岸を使用しました。
本当は儀式彼岸が大好きです。

 

デッキチョイスポイント
  1. システムモンスターベアト
    他のデッキでありがちな、初手にモンスター来すぎて相手の妨害ができず負けちゃう事件。しかし彼岸なら、手札に彼岸モンスター3枚揃えば何も気にせずシステムモンスターであるベアトリーチェを出すことができます。正直これだけで強いです。彼岸にはモンスター引き過ぎて動けない、という事故はないので、その分だけ他のカテゴリより安定して動けます。
    基本的には増G以外の誘発がかからない3枚使用ベアトを立てる動きが優先ですが、ラビキャントなどが揃えば誘発うららうさぎケアしながらうさぎワンダーマジシャンファーファΩと4妨害が可能となります。
    ともあれ、やはり彼岸の強みはベアトによるフリチェおろ埋。これにより相手妨害から自分の展開まで役割が多岐に渡ります。まずは思考停止でベアトです。
    ケルビーニは相手ターンまで置いておくとタコ殴りされて悲しくなります(´・ω・`)

  2. ラビキャント→ハリファイバー
    彼岸って実は<ラビキャント>っていうチューナー抱えているんですよね。
    これによりどんな彼岸モンスター2枚からでもハリファイバーに繋げることができます。この点も、彼岸が比較的安定しているポイントですね。ここからワンダーマジシャンに繋げ、最終的にはΩに繋がります。ハリファイバーという環境を取り込めるのは強みですよね。

  3. 手札2枚からのリンク4
     彼岸では、デスガイド1枚もしくはグラバーorガトルorマサイ+彼岸1枚からリンク4を立てることができます。少ない手札消費でトポロジックやヴァレルロードを出せるので、従来彼岸が苦手としていた打点相手にも対応可能となりました。

  4. 工夫次第で誘発ケア∞
    ハリファイバーやケルビーニの登場により、3枚素材ベアトでなくても誘発ケア・誘発を撃たせない展開が可能となりました。
    基本的にはラビキャントやマサイを使用しますが、覚えておくと非常に便利です。まあ、CSは手札の絡みからケアできないGもらったんで、つよーい展開ができなかったんですけどね笑
    展開に関しては、後日別記事を投稿しますのでそちらから参照いただければ\( 'ω')/ヘーイ

手札誘発

今回のTCS11は2018年1月制限下での大会だったため、思考停止で増Gうさぎうららを3積み、ちょこっとだけリンク植物を意識してヴェーラーピンの10枚構築にしました。
うさぎはガトル素材のダンテに投げればベアト成立するので、あんまり腐らないかなと思っていましたが、2枚でもいいかもしれません。セフィラのグラマトン、魔術師のオープン後の時空に撃てますが、SPYがまだ環境に残っているのでリゾートまでガメる余裕が無い場合には別のに変えてもいいかもしれません。
 

その他魔法・罠

今回の構築において、CSでよく見かける彼岸と違う点は主に魔法罠です。貪欲な壺、マスクチェンジセカンド、魔封じ、神罠フル投入(忠告除く)
特に貪壺は、強貪の入れ間違いじゃないかと思う方もいるかもしれません。ですがちゃんと理由があります。
彼岸というデッキは、事故っていても彼岸2枚あればハリファイバーうさぎまで辿り着きます。この過程で墓地を5枚にできるため、大体の場面で貪壺が腐ることはありません。
また、彼岸は繊細なデッキなので、1度リソース管理を間違えると割と立て直しに時間がかかります。そんなときに墓地に落ちた彼岸を戻しつつ2ドローできるのは非常に有用なのです。
確かに、強貪は予備動作なしにさくさく手札増やせて、ベアトまで立てやすくなる便利ツールですが、個人的に10枚除外というのがどうしてもリスキーなため、メイン投入はなかなか踏み込めませんでした。
いや単純に強貪芸人なのでコストやらかしが多いのです笑
マスクチェンジセカンドは、彼岸ミラーも含めて環境メタれるかな、と思って採用したのですが、今では2400打点は容易に突破されミラーにおいても激流葬ファーファベアトに突破され、さらにはセカンド1枚のためにエクストラを割くのがきつかったので今後は抜くと思います。
魔封じは、ただただ強かったです。後手の場合でもそこそこ相手を鈍らせられましたし。でも強いていえば、悪夢を1枚採用しておけばSPYにメインから対抗できたかなと。
神罠はもう満点でした。警告2枚というのが非常に心強いですね。特にミラーで力を発揮してくれました。


 

サイド・エクストラ

f:id:walp:20171226233652j:plain

 

 <サイド>

サイドは彼岸としては割とスタンダードです。タイフーンはペンデュラム、超電磁タートルはET用(使ってないので仁王立ちに変わるかもしれません)、障壁はハリファイバーやペンデュラム、彼岸全般を見れるので便利でした。
ただ、ガダーラと拮抗に関してはそれぞれ1枚ずつ減らして、幅広く環境を見れるサイドにした方がよいでしょうね。特にガダーラの被りは強くないので。
ツイツイは恐らくメインに1枚移動するかなと考えてます。ペンデュラム戦での後手魔封じを有効に効かせるためにもメインから除去札を入れておく方が安全に戦えそうです。

 

 <エクストラ>

リンク5枚、エクシーズ5枚、シンクロ3枚、融合2枚と見た目の美しさを優先しました。…違います、気付いたら綺麗になってただけです。リンクとシンクロ枠は固定です。エクシーズはダリウスとベアト枚数で変動ありそうです。
今回、点取り要員の調達に苦労する場面がありましたので、ナイトメアシャークが復活するかもなーと考えています。融合はダークロウが消えます。

 

【大会レポ】

[予選1回戦vs彼岸] ×○○  2-1
[予選2回戦vsトリックスター] ○○-  2-0
[予選3回戦vsハイランダー] ○○-  2-0
[予選4回戦vsセフィラ] ○○-  2-0

[本戦1回戦vsSPYRAL] ××-  0-2

結果:4-1-0 ベスト16

いや、十分健闘してるだろ!!!!←
予選4-0はかなりテンション上がったっす。ところどころプレミがあったんですが、お相手さんがお優しかったり暖かい目で見てくれたのでなんとか楽しく戦うことができました(*'▽')
ちなみに本戦で当たったSPYの方は、以前3幻神プレマ争奪戦の時に対戦した方でした。その方が優勝されたのでもう素晴らしいとしか言いようが(ry

では簡単に各対戦で気を付けたことの雑記です。

  1. vs彼岸
    初戦からまさかのミラーでした。頭痛かったです(´◉◞౪◟◉)
    ライフの点取りがシビアになること必至だったので、バルバが落ちれば少しでもダメージ与えに行ってました。ミラーになると、やはり先にファーファ(ベアト)でテンポ取った方の勝ちになります。先攻取る方が強い気がしますが、サイドプランがしっかりしていれば後手取るのも十分視野に入りますね。
    後手を取れば単純に彼岸を握りやすくなるのでベアトが成立しやすいです。また、先攻サイチェンでは次元障壁を入れて、とりあえずベアト成立を1テンポ遅らせることができました。その後はずるずる妨害を互いに繰り返し、リソース切れを狙う試合でした。やはりポイントは、手札の彼岸枚数とサイドにメタれるカードが入っているか、そしてシビアな点取りですね。

  2. vsトリックスター
    とりあえず盆回しとグラットン、キャロベインによるパンプ。強いよ。。。
    盆回しは撃たれると共通効果の彼岸ssができなくなります。グラットンはベアトの天敵です、除外されれば後続が出ません。キャロベインは彼岸が苦手とする打点を稼ぐカードになります。
    割と相性は良くない気がしますが、テンポ取って妨害し続ければ勝機は見えます。
    私はメイン魔封じ採用型ですので、盆回し後に発動してライトステージを遅らせたり、セット後にハックルスパーで手札バウンスするなど、相手の動きを徹底的に鈍らせることに努めました。その間にこちらは手数を揃えることができます。また、手札誘発で一番腐りがちなのが増Gです。これは序盤では本当に腐るので、マンジュシカssに投げて手札交換を狙う方が得策です。他はリリーベルやスケゴのリンクぐらい、装備魔法ぐらいしか撃つ場所ありません。

  3. vsハイランダー
    初めはカグヤ出てきたのでWW壊獣カグヤかな、と思ったらシラユキサーチされて色々と違うものが出てきたので困惑しながら、カグヤにベアト戻されまた出して戻されを繰り返しつつ、こちらのリソースを貯めながら相手のテンポにならぬよう毎回出したベアトで妨害して勝利。
    対戦後、デッキカテゴリをお聞きしたら【ハイランダー】という。想いの強さを感じました。(´;ω;`)ブワッ

  4. vsセフィラ
    以前チーム戦で当たった際にSPYを使っておられた方。当時は負けましたのでリベンジを|д゚)、と思い対戦。リベンジかましました(/・ω・)/
    セフィラは先攻取られると本当に手が付けられなくなるので、サイコロで勝ったのは大きかったです。ハリもさることながら、エレクトラムがえぐいですな。アストロがターン1書いてないのも悪いのですが、あれを回収しつつ手札肥えるのはずるですわ(´◉◞౪◟◉)
    ペンデュラム対策としてメインから積んでいた魔封じ・神宣が初手に来たので戦況はかなり有利でした。2戦目はお相手先攻でしたが、誘発だらけの事故ハンドだったらしく、何もせずエンド。こちら拮抗2枚とかいう鬼畜ハンド。テンポ取って勝利。やはりペンデュラムデッキへの拮抗は鬼でした。タイフーンを引けなかったので使用感を説明できませんが、グラマトンあたりにぶち込めれば十分強いと思います。また、採用不採用あると思いますが、セフィラのボウテンコウ絡めたチョウホウには気を付けましょう。ベアトとダンテが機能しません。光チョウホウはなかなかえぐいです(´・ω・`)

【総評】

今回の構築は、ブログやTwitterでもちょこちょこ話題に上げていた【彼岸】でした。
感触として、今期の彼岸は環境と言えるほど十分に可能性があるカテゴリと言えます。
まだまだプレイングが未熟でしたが、デッキパワーとデスカットに助けられたりで何とかベスト16入れました!システムモンスターベアトとケルビーニをもっとうまく使いこなしていきたいですね(*'▽')

また、この場を借りて主催のTetsuさん、スタッフの皆様方にお礼を申し上げたい所存です。
今回、初めてTCSに参加させていただきましたが、スタッフの皆さんの遊戯王を盛り上げようという熱い心に、walp、感動しました(´;ω;`)ブワッ
マイクパフォーマンスもさることながら、随所に散りばめた運営の配慮、サブイベの充実さ。何といってもスタッフ方の紳士的な取り組み姿勢に心打たれました。そうした取り組みが、参加者まで伝播しTCSを形作っているのだなと感じました。来年も開催されるのでしたらぜひぜひ参加したく思います(*´ω`)
運営お疲れ様でした!ありがとうございました!
そして対戦していただいた皆さん、楽しい決闘をありがとうございました!!

 

ボ「なんか彼岸でトナメまで上がってやがる」
walp「楽しかったで」
ボ「それはよかったな(半ギレ)」
walp「ちょ、え、どうしたの」
ボ「竜星使いなさい」
walp「…はい(´・ω・`)
ボ「わかればよろし」
walp「次も彼岸記事だけどな!」
ボ「!?」

f:id:walp:20170405232805j:plain

次回は、彼岸の展開ルートまとめ記事です。
次々回は、【デッキ紹介】2018年1月からの竜星~2nd【AF竜星】~です。
どちらも首をながーくしてお待ちいただけるとボウテンコウが幸せになります。

それではしばし待たれよ|д゚)

 

↓アンケート実施中

 

ブログランキング参加しています。クリックを…( `・∀・´)ノヨロシク